カテゴリー

フォト

« 漢旗 | トップページ | がっかり国府軍 »

角笛&チャルメラ

Tunobue
 中華荷物第三弾、今度は鳴り物です。

2014062310050000
 先ずは、玩具の角笛。
 水牛の角を加工して作った笛だそうです。
 何と100円くらい。

 

2014062310050001
 中身。
 汚いww臭いwww
 洗ってみましたが、元が汚いのかそんなに綺麗になりませんでした。匂いもそのままw

 

2014062310050002
 吹口。
 アパート住まいなのでまだ鳴らしたことはないですが、軽く息を入れただけでも音が出たので、思いっ切り吹けば結構いい音がなると思います。
 三国志装備用に使えたらいいなと思ってます。
 銅鑼とどうやって使い分けるかは考え中。

 

2014062310030001
 もう一点、金属製チャルメラ。
 こっちは千円くらい。

 

2014062310040000
 元の商品写真には有ったマウスピースがなかったんで、てっきり吹けないかと思ってたんですが、強めに息を入れたらちょっと音がで出ました。これなら、屋外で思いっきり吹いたら結構大きな音が出そうです。

 

2014062310040001
 角号。
 ってこれも角笛と言うジャンルに入るのか…

 

 チャルメラというと朝鮮戦争の人民志願軍のイメージが強いので、私がやってる八路軍や人民解放軍だと使いドコロが難しそうです。八路軍は使ってたのかなぁ、コレ……今後の調査課題。

 或いは、いっそ人民志願軍を始めてしまうか?ww
 人民志願軍自体、その内やってみたいテーマでは有るし。
 ただ、問題は投入場所が難しいこと。普通の定例会じゃ分かって貰えないだろうし、かと言って朝鮮戦争サバゲなんてのも無さそう……参ったのー。

« 漢旗 | トップページ | がっかり国府軍 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

チャルメラといえばものの本によると、朝鮮戦争の中国軍の一部の部隊では銃が足りず、手榴弾や旗のほか景気付けのドラやラッパやチャルメラで敵陣に突撃させられたそうな。

そういう使い捨ての兵隊というのはやはり犯罪者や国民党の生き残りなんでしょうね。

バブさん>>
所謂人民志願軍ですね、私も聞いた事が有ります。
旗手や鼓手は戦列歩兵の時代ならば名誉の職ですが、
近代戦でソレ持って突撃せいってのは確かに酷ですよねw

使い捨てといえば、中越戦争でも政府は「古色蒼然たる部隊はいっそ全滅してくれた方が…」と思っていたとか居なかったとか。
中国は偶に使い捨ての兵隊を在庫一掃セールするみたいです(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/56590768

この記事へのトラックバック一覧です: 角笛&チャルメラ:

« 漢旗 | トップページ | がっかり国府軍 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ