カテゴリー

フォト

« PHS3準備完了 | トップページ | PHS3(中編) »

2013/10/19 Project"PHS" part3(前編)

00title_zenhan
 去る10/26(土)、10/19(土)、HARUさん主催のww2イベント「PHS3」に行って参りました。

[2013/10/26 追記]
 日付間違えたorz
 文章の方は修正しますが、ロゴまで書き換えるのは大変なので、ソッチの方は脳内で読み替えて下さい。関係者各位、済みませんでした。

Am01_field01 
  当日は、渋滞の影響で08:30頃到着。もうちょっと早く着くつもりだったんですが、着いてみたらまだ物販ブースの搬入が終わってなかったので、丁度良かったのかも?
 取り敢えず、車を外に停めて徒歩で荷物を搬入しました。こういう時、荷物の少ない八路軍は楽やわー。

 

Am02_field02 Am02_field03
 周囲を見回してみると、一般参加者はやや減少気味で、物販は増加気味と言ったところか?

 

San_duke
 サムズさんのブースではまさかのD親分遭遇!
 何かめっちゃ馴染んでましたね。
 これも某月某日のVショウの打ち上げで私がHARUさんの魅力を熱く語った影響でしょうかwww

 

Am03_honbu
 そして、米軍司令部を模した受付ブースを発見!
 中にはスタッフの方が居られました。
 何でも受付開始までにはまだちょっと時間が掛かるとの事でしたので、セーフティを散策しつつ、参加陣営を紹介して行きたいと思います。
 

■■枢軸軍■■

San_japan
 先ずは、参加人数40人で今回最大勢力だった日本軍。

 

San_jp_mg
 今回の日本軍は大人数に加え、↑のフルスクラッチ十一年式軽機関銃やチェッコ機銃等軽機関銃が豊富で、

San_jp_heisyahou
 しかも、十一年式平射歩兵砲と言った大型火器まで揃え、 

San_japan_takeyari
 更に其処に勇猛果敢な大和魂も加わって、正に無双状態!

 

San_jp_musou
 度々連合軍をやり込め、勝利する場面が見られました。

 

San_jp_s5
 あ、勿論装備的な面白さも十分で、こちらのような昭五式が多数集まったりして、見た目的にも楽しかったです。

 

San_doitu
 そんな日本軍を影から支えた盟友・ドイツ軍。

 

San_doitu_kiritu
 今回は人数的には振るいませんでしたが、冷静な戦術で日本軍を支援。
 特に、突撃大好きな日本軍が突撃した後の陣地を固め、そこを起点に日本軍が攻撃再興するというパターンが多く見られました。

 

San_fin_heihe
 そんなドイツ軍に立ち交じって、狙撃を繰り返していたのがフィンランド軍。
 伝説の狙撃手譲りの正確な射撃で、私もMGを撃ってる最中に頭を撃ち抜かれたりしました。

 

San_italy
 そして、今回こっそり躍進したのがイタリア軍。
 前回の二名から一気に三倍ですよ!(;゚∀゚)=3ムッハー

 

San_italy_bureda_fire
 無可動実銃のブレダ機関銃等も展示され、大いにイベントを盛り上げて下さいました。

 

San_itary_daikou
 そしてその中でも一番目立ったのが、こちらの総統代行殿。
 前回よりも倍くらいに増えた羽飾りが最高に格好良かったです。

 

San_itary_daikou_kaze
 但しちょっとでも風がズレると、こうなります(´・ω・`)
 何か鼻がムズムズして来るな…

 

San_cheko
 珍しいところでは、チェッコ軍が参戦。
 武器は勿論チェッコ機銃!

 

□□連合軍□□

San_usa
 一方の連合軍では、矢張り米軍が最大勢力。

 

San_usa_1919
 重機関銃を装備したり、

 

San_usa_marinco
 増えまくった日本軍に合わせて海兵隊を投入したりと、連合軍の根幹を担う大活躍でした。

 

San_ussr
 連合群二番手はソ連軍。
 当初予定14名から1名積み足して計15名の参戦です。

 

San_ussr_old
 半数がルパシカではなくギムナスチョルカと言うのも面白かったです。
 普通は、イベントだとルパシカが主流でギムナスチョルカは1-2割に留まるものなんですが……相当マニアックなメンツが集まってしまったんだなぁ(ぉ

 

San_ussr_ensoukai
 ソ連兵は戦場でも勇敢でしたが、同時に演奏会をしたりカーシャや乾パンを配ったりとイベントを盛り上げるためにも奮戦して居られました。

 

San_ussr_ensoukai_2
 ドイツ軍も聴き惚れる見事な演奏でした!

 

San_ussr_taikuu
 他にも対空射撃を見せて貰ったり、他ではお目に掛かれないような動作を見せて頂きました。眼福眼福。

 

San_ziyuufrance
 増えたと言うなら、自由フランス軍も負けては居ません。
 こちらも1名から3名で一気に三倍です!(`・ω・´)

 

San_ziyuufrance_pach
 パッチまで付けて、いよいよやる気満々ですな!

San_ziyuufrance_shoosha
 特に面白かったのは、このショーシャ機関銃!
 この銃の特長であるマガジンが非常に良く出来ており、一目でショーシャキタ━(゚∀゚)━!と認識できます。
 このデザイン力、見習わなければ…

 

San_ziyuufrance_shooshaup
 ちなみに、中味はマルイのMP7!
 ぱっと見では全然分かりませんなー

 

San_ek_renpou
 その次は、これまたレアな英連邦軍とカナダ軍。

 

San_ziyuupooland
 こちらは、前回も参加されていた自由ポーランド軍…かーらーのー

 

San_ziyuupooland_wasi
 降下猟兵!
 「鷲は舞い降りた」装備です。
 一回くらい、これでガチで寝返ってみても良かったかもww

 

San_rejistance
 運営協力に近い立場だった、パルチザンの人。
 何かマイミクのうpしてるPHSの画像見たら、この方が朝の内だけ日露戦争装備してるのが映ってた……あー、気が付いてたら二百三高地魂にお誘いしたのに(´・ω・`)

 

 

San_china
 ちなみに私へたどくは、予てよりの計画通り八路軍で参戦。
 地方軍、中央軍の国府軍の皆さんと国共合作して、小粒ながらもピリリと辛い、精鋭国民革命軍此処に有りの気概を見せ付けて来ました(広報発表

 

San_china_02
 ……実際には時々内戦してたアルよ(ぉ

 

San_china_04
 フハハ、台湾寄越すアルー!

 

San_china_05
 そうは行かんぞ、中央軍出動!

 

San_china_06
 おのれー、勝負アル! 

 

San_china_07
 激しい戦闘の末、共産軍は逃走。

「でも何時か台湾は頂くある~」

 懲りない奴である。

 

San_china_cnter
 とまぁ、こんなノリでアホやりまくってもご一緒して下さった国民革命軍の一人、中央軍さん。

 日本軍から奪った靴を履いていたり、hiki製の仕立ての良い服を着ていたり、如何にも徳国式訓練を受けた精鋭って感じです。
 剣を持ってないないのも、「剣は近代化を阻害する」と排除した中央軍っぽくて良いですね。

 

San_china_tihou
 ご一緒して下さった方のもうひと方、地方軍さん。
 青天白日旗を掲げ、しっかり階級章を付け、中央軍程の装備充実はないにせよ国府軍の中核を担う兵士の一員って感じです。

 

San_china_seiryuutou
 ちなみに、背中に背負っているのは青竜刀です。
 めっちゃ撓って、武侠映画みたいで格好良かったですww

 

33423033_2011650755_55large
 そして最後は八路軍。
 脚絆は中国軍のではなく日本軍のだし、靴はカンフーシューズだし、バンダリアは無いし剣はアレだし、挙句お腹は出てるし……正に土八路ですな!
 国府軍のご両名に於かれましては、こんなアホなへたどくのしょーもないネタ振りに最後までお付き合い頂き、誠に有難う御座いましたorz

 

 と言う感じに参加陣営を紹介し終わったところで、次回は漸く午前の部スタートです。

« PHS3準備完了 | トップページ | PHS3(中編) »

サバゲ(etc)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/53669228

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/10/19 Project"PHS" part3(前編):

« PHS3準備完了 | トップページ | PHS3(中編) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ