カテゴリー

フォト

« 7/14 HS定例会反省会 | トップページ | 二十六年式拳銃 »

ジオン軍マント(その2)

2013071722160000
 ……すみません、その1からいきなり過程すっ飛ばして完成ですw

 色々書きたかったんですが、Vショーやらサバゲやら仕事やらでなかなか身動きが取れなくてw

 
 まぁ、そんな大した事はしてないし、参考にする人も居ないでしょうし、どーでもいいかー。
 
 一応、各部紹介。

2013071722160000up
 胸の模様は染めQで作成。多分早晩剥がれると思うけど、それもまた味…になるといいなぁ。
 実際には、変な風にならないか戦々恐々w
 余りに剥がれるようならカッティングシートや布で差し替えようと思ってますが、金の布は高いしカッティングシートは使った事無いしで双方ハードル高めなんですよねー(´・ω・`)

 

2013071722170000
 前はファスナーで開くようにしています。
 ファスナーは近所の手芸店で購入。
 長さ調節とかもしてくれるんですが、ちゃんと縫い代まで測って持って行かないと、私みたいに自己流でやり直すハメになりますのでご注意をw

 

2013071722160002
 襟元。
 ライオンボードを赤い布で包み、縫いつけて立襟にしました。
 襟の階級章はリボンテープ(百均製)で、縁取りはパイピング(ユザワヤにて購入)で再現してみましたが、どーなんでしょうね。他のレイヤーの方の画像を見ますと、パイピングじゃなくてリボンで線を作ってるようにも見えますし。

 ファスナーが丸見えなのは設計ミス。
 もっと中に隠せるようにすればよかった…
 今後の改善計画として出来そうなのは、取っ手をリューターの丸のこで切り取って、もっと小さい、隠しやすいチャームを付ける事くらいかなぁ。まぁ、そんな都合のいい部品が見付かるまで、ここの作業はお預けです。

 

2013071722160001
 背面。

 裏地には襟に使ったのと同じ、普通の布を使用。荒い縫製でお見せするのも恥ずかしいレベルなんですが、兎に角合皮の薄さは誤魔化せているものと思います。
 後は、肩章をどうするか。
 ジオン制服研究会さんのHPなんかを拝見しても、今一イメージが湧かないんですよね…パーツ毎の紹介なので、どれが肩章なのか分からなくってw まぁ、私の知識が浅い故の混乱なんですが。
 やっぱ適当にどっかの短冊型の金属製肩章をくっつけるのが良いのかなぁ。

 以上、ジオン軍マント完成報告でした。

« 7/14 HS定例会反省会 | トップページ | 二十六年式拳銃 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/52494966

この記事へのトラックバック一覧です: ジオン軍マント(その2):

« 7/14 HS定例会反省会 | トップページ | 二十六年式拳銃 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ