カテゴリー

フォト

« 2013/05/03 PHS2(午前編) | トップページ | phs2反省会 »

2013/05/03 PHS2(午後編)

Title03
 PHS2レポ、午後編です。

Hiru
 12時頃、昼休みに突入。
 昼食は基本的に自弁で、弁当を買って行った人、フィールドの仕出し弁当を頼む人、そして……

Hiru_casya01
 中には当時の料理を再現する人も!

 

Hiru_casya02
 こちらのロシア兵さんが作られたのは、蕎麦の実のお粥「カーシャ」

 

Hiru_casya03
 ただ作っただけではなく、ロシア兵に配給までしてくれました。
 誠に有難う御座います。

 
 

Hiru_casya04
 幸いな事に私もロシア兵の端くれだったので、ご相伴に預かることが出来ました。
 御味の方は……塩コショウが程良く効いていて非常に美味しかったです。付け合せのライ麦パン&ヒマワリの種も香ばしくて美味しかったです。

 

Hiru_casya05
 カーシャの人気は素晴らしく、あっという間にお鍋は空っぽ。
 ご馳走さまでした!!

 
 
 

 

Hiru_suiton01
 一方、フィールドの反対側では何やら割烹着の女将さんが仕込みの真っ最中。

 

Hiru_suiton02
 こちらのメニューは日本兵用の「すいとん」でした。

 

Hiru_suiton03
 早速、将校殿より配食開始。

 
 

Hiru_suiton04 Hiru_suiton05
 以降、兵士達も飯盒を持って続々と配食に詰めかけます。

 

Hiru_suiton06
 私はロシア兵だったので撮影だけに留めましたが、将校殿もご満悦のお味だったようです。

 

Hiru_suiton99
 以上、愛国婦人会の皆様のご提供でお送りしましたw

 

Hiru_ippuku
 で、食後に一服した後……

 

Pm01_satueikai
 フィールド中央にて写真撮影会が行われました。
 その際の画像については、装備編を御覧下さいw

 

Pm03_kamera
 個人的には、勢揃いした兵隊たちもさる事ながら、こうした当時のカメラにも感動しました。
 二眼レフのカメラなんて、扱いも難しそうです……あー、私はなんちゃって二眼レフカバーでいいかな(ぉ

 
 

 

Pm02_satuei_kosibai
 国別の撮影後は、各軍有志が集まってシチュエーションを再現したり、

Pm04_zatudan
 お互いの装備についての雑談をしたりしました。
 こういうのも、貴重な時間ですよね。

 

Pm05_shafful
 13時半頃、シャッフル戦が行われました。

 

Pm06_shafful
 シャッフル戦とは、史実の枢軸と連合の国を入れ替え、ドイツ=米軍vs日本=ロシアでチーム分けを行うという大胆なif戦です。

 

Pm07_shafful Pm08_shufful2
 このシャッフル戦、陣地を入れ替えて二回実施。
 何時もと違う編成はなかなか新鮮でしたが……

Pm17_rem_sisiruirui
 突撃を旨とする日本軍&ソ連軍と、高い火力を誇る米独軍の激突は、大変凄惨なものにwww
 戦場には、いつにも増して多数の死体が転がっておりました。

 

Pm09_remagen_setumei
 シャッフル戦終了後、今度はレマゲン鉄橋防衛線に。
 このゲームは、dsk定例でお馴染みの攻防戦の変形で、更に通過可能地点を「鉄橋」に限定した更に難易度の高いゲームです。

 

Pm10_remagen_def
 先ずは、日露軍が防御に回ります。
 建物の中に陣取り、敵の襲撃を待つのですが…今回、特殊ルールとして前回衛生兵だったものが途中から「スパイ」として寝返り、陣地のダッシュを容易にすると言うルールが導入されました。

 で、実はかく言う私がスパイ役を拝命したのですが……で、出来ぬorz
 米軍の嵐のような火力を38式でガチャガチャやりながら必死で防ぐ日本兵を、こっそり撃つとかマジ出来ません(´・ω・`)
 結局、何か小芝居をしつつ何となく守りきって終了。折角指名して下さった主催者様、お役に立てず申し訳有りませんでした<(_o_)>

 

Pm11_remagen2_2
 攻守交代!

 
 

Pm16_rem
 今度は日露連合が攻める番なのですが、

Pm12_rem_kougeki
 米独軍の火力は凄まじく、なかなか鉄橋を奪取できません。

 

Pm14_rem_kobu
 旗手が士気を鼓舞しますが、

Pm18_rem_sisiruirui2
 攻撃部隊は尽く壊滅。死屍累々の光景が再び……。
 しかし、その勇敢な精神はきっと後世に語り継がれた事であろう。多分。

 

Pm20_last_ypa
 そんなこんなでラストゲームの時間に。
 ソ連軍が獲物のスコップを振りかざして雄叫びを挙げれば、

San_jp_kousin San_jp_kousin2
 対する日本軍は整然たる行軍を見せて士気の高さを見せつけます。

 

 

San_jp_kousin3
 喇叭手さんも高らかに吹鳴。もう何も怖くない!

 ゲームでは、双方撃ちまくり突撃しまくり死にまくりの壮絶な戦闘が繰り広げられました。
 特に日本軍の果敢な突撃はしばしば戦線を突破し、連合軍の心胆を寒からしめました。
 中でも、最後の密集突撃は壮観でした。私も突撃の気配を悟り、自転車騎兵で出待ち(ぉ)して正面からぶち当たったりして大いに楽しませて頂きました。

 

 

Pm21_end_3
 と言う感じで最終戦は終了。
 お互いの健闘を讃えてフィールドアウトです。

 

Pm22_heikaisiki Pm23_heikaisiki
 最後に主催者のHARUさんが締めて終了。
 ご参加の皆様、お疲れ様でした。
 主催者のHARUさん&スタッフの皆様、楽しいゲームを開催して頂き誠に有難う御座いました。
 次回、10月のPHS3にてお会いしましょう!

« 2013/05/03 PHS2(午前編) | トップページ | phs2反省会 »

サバゲ(etc)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/51515298

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/05/03 PHS2(午後編):

« 2013/05/03 PHS2(午前編) | トップページ | phs2反省会 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ