カテゴリー

フォト

« ホワイトベース定例会 | トップページ | 謹賀新年 »

D-BOY製HK416分解

 今日はよーやっと手が空いたので、例のHK416を塗装の為に分解してしまいます。
 目標は、メカボまではバラさず、塗装に支障のない範囲の分解です。

 なお、今回の分解に際しては、香港マニアさんのblogガンスミスバトンさんのblogを参考とさせて頂いております。
 それでは、作業開始です。

Dcim0006
 先ずはハンドガードを外します。
 香港マニアさんのblogだと、ここの配線がヤヴァいとの事でしたが、そこはそれ流石調整済み、なんともないぜ。

 

Dcim0007
 続いて、フロントフレームロックピンとか言うのを外し、機関部と銃身部分を分割します。
 香港マニアさんのblogだと、ここでヒューズの手前のコネクタが外れ、配線を引っこ抜いて両パーツを完全分解出来るのですが……今度は調整済みが仇となり、コネクタ部分が熱収縮チューブで丁寧に埋められてしまっている為、コードが抜けませんでした。
 仕方ないので、このまま進めます。

 

 

Dcim0009
 ストック分解。
 香港マニアさんだと「基本です」の一言で片付けられてますが、私は現用銃なんて触った事がないのでさっぱり分かりませんw
 ここはセカンドオピニオンのバトンblogに頼りましょう……ふむふむ、ここのレバーを下に押し下げて、引っこ抜くのか。参考になりました。

 

Dcim0012
 その後、ちまちました部品を外し終わると、今度はマグキャッチの取り外しです。

 

Dcim0010_2
 なんか香港マニアさんのblogにも、バトンさんのblogにも、↑みたいな画像で「こうして外せ」って書いてあるんですが、ホントにこうして回すと当然ながら締め付け方向になってしまうので、こうして部品を浮かせた後は、ちゃんと反時計回りに回して下さい。
 ちなみに私も最初は気が付かなくて、ずっと時計方向に回して「とれねーとれねー」とぼやいてましたw

 

Dcim0013
 取り外し中。
 スプリングが元気なのはいいけど……組み立てづらそうだなぁw

 

Dcim0011
 グリップ底部取り外し。
 どちらのblogとも違う形状だったので一瞬ビビりましたが、何となくふわっと分解したら取れました。

 

Dcim0016
 んで、こんだけ大騒ぎしてメカボを外したのは、この切替軸部を外す為……だったんですが。
 

Dcim0015
 こういう微妙な位置のパーツは外したくないんだよなぁ、ってことで分解中止。

 

Dcim0017
 更に結局メカボの配線も取れなかったので、こうして目張りをして塗る事に。

2012123100410000_2 2012123100410001
 で、通常の分解記事だとここで一旦終了し、次はメカボの分解に向かうのですが、今回は塗装なのでもう一段細かくばらします。
 具体的には、このスプリング部分の付け根のネジを取ってボルトを外します。

2012123100430000
 ボルトを取ってる最中に気が付いたんですが、排莢口カバーを開けるためのパーツが割れてます。
 あー、道理で分解前にボルトを引いてもカバーが開かないわけだ……だから、電動ガンに不要な機能付けるのって嫌なんですよねorz ボルトを引くと排莢カバーが落ち、hopを調整できるというギミックは格好いいんですが、こうしてそれを繋ぐ軟質プラスチックの脆いパーツが折れてしまえば、hop調整すら出来ません。ボルトをシャコーンとやるという電動ガンにとっては全く無意味な構造の為に、hop調整という電動ガンが電動ガンたる所以の構造が使えなくなるとは、何たる皮肉ww 今回クロスボウ計画に際し、マルイの次世代を避けて中華を選んだのも、次世代のブローバックという構造がどうしても信用できなかったからなんですよね。ぶっちゃけ、衝撃とか動作感とか、そーゆーのは自◯隊や海外の射場でたっぷり味わうだけにして、電動ガンにはあんまり持ち込まないで欲しいです。つか、今のなんちゃってリアル路線が続くと、その内「実銃は一回使うとススが溜まって撃てなくなるから、一回撃ったら分解清掃結合をやれるようにしよう。分解4分結合6分な。始め!」とか言い出しそうでホント怖いわwwwww

 あ、結局パーツは一旦切り離し、耐衝撃型の接着剤で接着しました。応急処置に過ぎませんが、最終的には排莢口覆のバネのテンションを逆にして常時閉鎖・hop調整時のみ、押し開けて使用と言う仕様にしたいので、取り敢えずこれで。つか、排莢口覆の分解方法は流石に何処にも載ってないし、自分でも到底分解できそうにないので、今度このパーツが壊れたらやっぱり開けっ放しになりそうですけどねw

 以上分解編終了。次回、年明けくらいには塗装編を上げたいと思います。

« ホワイトベース定例会 | トップページ | 謹賀新年 »

トイガン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/48538580

この記事へのトラックバック一覧です: D-BOY製HK416分解:

« ホワイトベース定例会 | トップページ | 謹賀新年 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ