カテゴリー

フォト

« 2/5 DS川越定例会 | トップページ | 2/12 西部劇魂ガンフロンティア場所(紹介編) »

KIT BOY製FETスイッチ「ステップ3」レポ

01_zenkei
 
 G18CFET化計画、はっじまーるよー!
 
 

02_rogo
 と言っても、私にそんな技術力があるわけは無いので、かつて電動Nerfバルカンを作成した裏方氏にFET化を依頼しました。
 使用したのは、前のVショーでキレの良いFETスイッチを見せて下さったKIT BOYさんの「体感できるFETスイッチ ステップ3」(\4998-)

01_kaisetu
 これは、通常、セミで撃つとピストンは最後に前進してしまい、もう一度引き金を引くとまたピストンを後退させて……となるのを、電気的にスイッチのタイミングを調節して、撃ってピストンをまた下げて止めるようにして、トリガーのレスポンスを良くしようという装置です。多分。
 間違ってたらコメントで訂正願いますww>詳しい方

03_nakami
 まぁ、兎に角現物見ましょう。
 早速バッテリースペースを開けてみてみると……おーおー、詰まっとる詰まっとるw

04_setup
 早速、調整のためバッテリーに接続。ついでに少し振り回してみましたが、癖のない柔らかさと長さで非常に快適でした。こりゃ早速腰につけるバッテリーポーチも買ってこにゃなるめぇ。

01_bat
 どーでもいいんですが、マルイの純正ニッカドっていつの間にかデザイン変わってたんですね。旧バッテリーしか知らないから、この新バッテリーが店頭に並んでいても全然気付きませんでした。他の物を買う際、店員さんに
「そーいや、最近はニッカドのミニバッテリーって無いんですかねぇ。これも時の流れなんですかねぇ」
 と愚痴って、店員さんが鼻で哂って
「は? ちゃんと有りますよwww」
 と指差してくれて、やっと初めてこれがマルイの純正と気付きました(ずっと次世代用のニッ水くらいに思ってましたw)


 先ずは、ノーマルの状態から。ニッカドパワーのお陰で、コレだけでも十分純正の電ハン用バッテリーや外付け計画で使用したニッ水よりもキレが良くなってます。
 しかし、これではまだまだFETのポテンシャルを出し尽くしたとは言えません。早速、マニュアルに従って調整です。

05_tyousei
 と言っても難しいことはなく、この黄色い調整用ネジを回して、時々試射するだけなんですけどね。
 ちなみに、このネジは樹脂製で柔らかく、またバレルに阻まれてドライバーを直角に当て辛いので、うっかり大きいドライバーでガシガシ回すとすぐに馬鹿になってしまいますのでご注意を。
 細めの小さなプラスドライバーで引っ掛けるようにして回すと良いらしいです。
 ここだけちょっと気を使いますが、まぁ一度調整してしまえば殆ど弄る必要のない部分なので問題はないんですけどね。


 先ずは、一杯まで左(あ、左といっても画像の中の左ではなく、FETスイッチの左です。左右はスイッチのシールを基準にして下さいね)に回し、2点バーストにした後……


 今度は少し右に回して試射。2点バーストになるようなら更に少し回し、単射になったら調整完了。
 これでセミのキレはかなり良くなった……んじゃないかなぁ。すみません、大雑把な性格なので余りスピードの違いがわかりませんでしたorz
 うーむ、やっぱこういうのは実戦で試してみないとな。

06_syasin
 そんな訳で、現在進行中のニューヨーク市警オフィサー装備が完成したら、デザートストームのセミ戦に持ち込み、市街地辺りで「NYPDだ!」とか言いながらセミでパスパス撃って来まーす!

07_kousuru_2
 ……なんて言うわけねえだろヒャッハー!
 得意のボウガン装備に仕込んで、栃木のコス鯖で大暴れだぜ!!(ババーン

08_seal
 勿論、宣伝用にシールも堂々とボウガンの外装に貼りました。
 これで明日からKITBOYさんにはボウガンの問い合わせが殺到し、ゆくゆくは電動ボウガンもラインナップに……はならないよなぁw

Pisutonririsu
 ちなみに、撃ち終わった後はピストンリリースボタンを押しながら二回空撃ちし、ピストンを前進位置で止めます。これはKITBOYさんのFETキットにはなく、裏方氏が独自に取り付けてくれました。お陰で、スプリングがヘタッたりせず、銃を長持ちさせられます。地味ですが、非常に嬉しい工夫です。

 初速とかは面倒なので省略。
 多分上がってるんじゃないでしょうか。

 以上、G18C電動化レポでした。次回、機会があれば実践編なんかもやって行きますので興味のある方は乞うご期待。
 最後になってしまいましたが、裏方氏に於かれましては、良く分かってないオーナーの曖昧模糊とした要望にお付き合い頂き、お疲れ様でした。お陰様で、思う存分ヒャッハー出来そうです。誠に、有り難う御座いました。

« 2/5 DS川越定例会 | トップページ | 2/12 西部劇魂ガンフロンティア場所(紹介編) »

トイガン」カテゴリの記事

コメント

へたれさんの日記によく登場する裏方さんって、実にイイ仕事しますよね。
私も何かの機会にお願いして見ようかしら?
(^-^)/


それにしても、へたれさんが銃のレスポンスアップのための改造をするなんて、ちょっと意外。
これぢゃまるでサバゲーマーのようじゃないですか!
(≧ω≦)b

kamikazeさん>>
面白い方ですよ~
今度のVショーにも、色々出すのだと言って居られました。

>レスポンスアップ
自衛のためと言うか、なんというかw
前に甲冑でサバゲに行って気が付いたんですが、サバゲーマーは鉄砲しか見ないんですよね。
格好が巫山戯ていても、使ってる銃が東京マルイ傑作中の傑作・89式だったりすると、もう何も言わないんですよ。
サバゲスレとかで「あいつ何なんだよ!」と言われている人は、大抵銃まで傾いちゃったor銃だけ傾いちゃった人です。
なので、モヒカンな格好でも弾がバリバリ出てれば、みんな文句言わないと思います。多分。
ここの所電動ガンに拘ってるのは、その辺の事情も有ったりしますww

>>kamikazeさん
ど、どうも!いつものらりくらりとテキトーに生きているので、そう言われると何だか恐縮です…。
まだまだ未熟ですけど出来る範囲でなら精一杯やりますんで、何かあれば是非宜しくお願いします。

>>へたどくさん
今一生懸命作ってますが、次のは良いです!
完全にヒストリカルゲーマー向けですが、面白いのが出来そうです。

裏方さん>>
ヒスゲーマー向け…
一体何でしょうね。
以前出ていたM14のアレでしょうか?
ナム戦ユーザーとか喜びそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/44210610

この記事へのトラックバック一覧です: KIT BOY製FETスイッチ「ステップ3」レポ:

« 2/5 DS川越定例会 | トップページ | 2/12 西部劇魂ガンフロンティア場所(紹介編) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ