カテゴリー

フォト

« WBblogに出てました | トップページ | コスプレ衣装「プロテクト・ギア」 »

『THE WORLD MILITARY TOYGUN CATALOGUE』

20110812233231
 ちょっと縁があって『世界のミリタリー・トイガンカタログ』と言う本を購入しました。

Kaigaimekaitiran
 トイガンカタログなんて買うのは5~6年ぶりくらいなんですが、いやはや、海外メーカー増えましたなぁ……もう半分どころか3/4は海外勢です。
 個人的には、海外メーカーが増えればww2銃の扱いも格段に増えるので嬉しい限りなんですが、マルイさんとか怒らないのかしらん。

20110812233418
 この本の面白いところは、メーカー別とかパワーソース別ではなく、実銃の製造国別に纏めているところ。
 軍用銃のムックなら兎も角、トイガンのカタログとしてはどーなのよ? と言う感じで意見が分かれそうですが、ミリタリー趣味から入ったコスプレゲーマーの自分としては、分り易くて大変結構でした。各国軍隊についても触れられてますし、これなら「新たにどこかの国の軍装を始めよう」と思い立っても、すぐに対応出来そうです。

20110812233517
 そして、各国軍別にしたら当然筆頭はアメリカだし、アメリカだったら西部は外せませんね……と言う感じで、ウィンチェスター系のトイガンがずらっと並んでるのも素晴らしいですね。これで、明日からウェスタン装備を始めようと急に思い立っても大丈夫です。
 何故かピーメが一挺も有りませんが、アレは書き始めるとアレだけで一冊くらいになってしまうから仕方無いのでしょう。

 あと、景気よく海外メーカーの銃が盛り込まれている代わりに、国産品でも入手困難な銃はサクっと削除されてますね。自分が好きだった銃──TOPの64とかMP40とか──が消えてしまうのは寂しいですが、昔のトイガンカタログみたいにどう考えても買えないようなレアな銃をマルイのてっぽーの隣に平気で並べちゃうよりはずっとマシだと思います。


【総評】:「ミリタリー・トイガンカタログ」と銘打たれただけあって、他の年鑑系のカタログとは一線を画した、サバゲーマーとミリオタの橋渡し的カタログです。
 どうもこの二つの人種はそれぞれ相手を頭でっかちのオタクやらDQNやらと見下して確執しがちで、二足の草鞋を履いているへたどくとしては非常に残念。双方この本を手元に置いて良く勉強し、お互いの領分にも興味を持つように(何故か上から目線

« WBblogに出てました | トップページ | コスプレ衣装「プロテクト・ギア」 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/41188386

この記事へのトラックバック一覧です: 『THE WORLD MILITARY TOYGUN CATALOGUE』:

« WBblogに出てました | トップページ | コスプレ衣装「プロテクト・ギア」 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ