カテゴリー

フォト

« 反省会 | トップページ | WB定例反省会 »

ホワイトベース定例会

Imag0038
 去る7/23(土)、千葉県に新たに出来たサバイバルゲームフィールド・ホワイトベースの定例会に行って参りました。

Imag0001 Imag0029
 先ずは、今回の舞台となるホワイトベースのご紹介。
 最初はセーフティ。椅子・机ともに数が多く、大人数の収容が可能です。
 一部には屋根も架けられており、雨にも対応可能です(実際、この日も小雨がぱらついたのですが、この屋根の下に避難して事なきを得ました)。この屋根は順次増設し、電灯やコンセントも追加する計画だそうです。
 セーフティの仕切りには緑色のネットが使われており、風で捲れないようにしっかり固定してありました。また、入り口はカーテン風の仕切り+L字の屈曲で弾を防ぎ、事故の防止に十分な措置が取られておりました。

Imag0037
 また蚊取り線香台も有りますので、夏に掛けて蚊が増えて来たら蚊取り線香を付けて貰うのもいいでしょう。

Imag0030 Imag0031
 自販機・男女トイレ・更衣室完備。
 最近のサバゲーフィールドの三種の神器とも言える定番の設備です。
 トイレは水洗、とても綺麗でした。夏でも安心です。

Imag0026
 シューティングレンジ。
 フィールドから独立しているので、ゲーム中でも撃てます。
 いやまぁ、音がするから撃っちゃいけないんですけどねw

Imag0027
 駐車場。
 広いです。またセーフティと隣接しており、荷物の出し入れが非常に楽です。
 奥に有るのは、私の車とスタッフ&関係者の皆様のお車です。
 送迎は、一番奥のワンボックスで行います。ざっと見フル装備の兵隊4~6人くらい運べるんじゃないかと。白井駅まで5分程度なので、ピストン輸送を覚悟すれば結構な人数まで対応出来そうです。

Imag0028
 手前側からでも十分荷物の移動は楽なのですが、奥側はセーフティと駐車場の段差が全く無いので、セーフティまで車の出し入れが可能です。重量物の多い場合は、車を突っ込んでセーフティに直接降下が可能であります(多分

Imag0002
 フィールド内部。
 入口近くにあるAフラッグ付近の画像です。
 雰囲気の出ている、なかなかに立派なバンカーです。

Imag0003
 その付近の様子。
 フラットな地形と刈り込まれたブッシュのお陰で、移動がし易いです。ブッシュ大好き系の人には厳しそうですが、昨今流行りのスタンディングスタイルのゲーマーにはうってつけだと思います。
 ゲーム開始時、フラッグまで行くのも楽だし(ぉ

Imag0011
 その隣に鎮座するのが、フィールドのネーミングの由来にもなっている「ホワイトベース」です。

Imag0004
 ホワイトベースはコンテナ数基を四角形に連結した擬似インドアです。
 入り口は暗く、外からは良く見えません。

Imag0005
 内部にはこうしたドラム缶や衝立が、嫌味にならない程度に設置してあります。
 配置はシンプルで、所謂安地が出来ないようになっております。

Imag0007
 コンテナの内壁には厚手のビニールシートがカーテンのように掛けられ、跳弾を防ぎます。
 壁面が平面ではなく凸凹なのと相俟って、跳弾に関しては事前に予想していたよりずっと少なくなっていました。

Imag0006
 ブリッジ、もといwb内フラッグ。
 周囲はコンテナに囲まれており、入り口は三箇所空いています。ここも、入り口だけ抑えておけばおkみたいな構造にはなっておりません。自然型・廃屋型にはない人工フィールドの強みです。佐野タクティクスみたいにはならねー、つー事ですなw

Imag0008
 なお、今後の計画では、コンテナの二階部分も使用できるようにしたり、そこから出入りが出来るようにしたり、更に木馬の左右の「足」に当たる部分に銃座を設置する……との事でした。
 これで、「左舷なにやってんの! 弾幕薄いよ!!」ごっこが出来ますね。夢は広がります。

 ちなみに、以前トニーたけざきがダムエーで検証してたんですが、ファーストガンダムTV版の劇中では、ブライトさんは15~6話くらいに一回だけしか「左舷、弾幕薄いよ!」と言ってないらしいです。これ豆な。

Imag0009 Imag0021

Imag0022 Imag0023
 と、ガノタらしいウザさをアッピールしたところで、フィールド中盤の画像を紹介。
 この辺は一見スカスカに見えますが、

Imag0018
 柵で囲まれた無名戦士の墓落ち葉・枯れ草焼き場や、

Imag0020_2
 実は視界が悪く、防御拠点としては余り役に立たちそうにないけど動きを隠すには丁度良い二階建ての砦とか、

Imag0024
 隙間が多く、立て篭もって防御したら死亡必至ながら動きを隠すには調度良い簡易迷路状のパレットバリケとか、

Imag0025
 通常の三倍の防御力を誇る赤いバリケード(※嘘です)とか、

Imag0010_2
 更には最大の遮蔽物、二階建ての観戦台等の視界を遮る障害物が多く、意外と動けます。

 その観戦台からみたフィールド360。どうも初期の段階でここから撮った画像が多く人目に触れ、スカスカなフィールドという印象が広まってしまったようですが、実際に地上に降りてゲーマーの目線に立てば遮蔽物も多く、決して動けないと言う事は有りません。
 なお、観戦台は定例会ではフィールドマスター及びスタッフが常駐し、ゲームの進行を行うので、ゲームには使用できません。但し貸し切りであれば、使用してもokとの事でした。

Imag0015 Imag0012
 中盤から、奥に向かって前進中。
 段々ブッシュが濃くなり、その代わりにバリが減って来ています。

Imag0013 Imag0014
 フィールド最深部に到着。
 この辺りに来ると、かなりブッシュも濃くなります。
 一度ここにギリースナイパーがアンブッシュしたのを攻めたんですが、このエリアに居るのは分かっていてもさっぱり場所が判らず、良いように撃たれてしまいました。

Imag0016
 奥の要塞。迷彩がいい雰囲気を出してます。
 今回はここらへんで戦う事が無かったので実力は未知数ですが、手前側にWB、奥にこの小屋でなかなかバランスが取れてると思います。

Imag0033
 さて、フィールドの紹介が終わったところで、ここからはゲームのレポートと行きたいところなのですが……今回は定例会とは言いながら参加者が私、私がお誘いして御同道願ったぶーびーさん、そして単独でお越しのSさんの3名だけでしたorz

Imag0032
 このまま帰る訳には行かない! って訳で、スタッフのお二人とそのお知り合いの方々に混ざって頂き、3対4でのサバゲとなりました。
 スタッフの皆様、関係者の皆様、無理を言ってお相手して頂き誠に有難う御座いました。

Imag0042
 ゲームは、人数が少ないのでリアカン戦で、フィールドも手前の方を限定して使用する等工夫しながら行いました。
 お陰で、少人数ながら面白く遊べました。

Imag0034
 また、途中でフィールドに潜伏したフィールドマスターの部隊を追撃する「キツネ狩り戦」や、水タンクを自陣営の椅子に設置して一定時間守り切る「陣地争奪戦」等の変わり種ルールのゲームも行いました。
 キツネ狩りでは、↑の画像のギリースーツが大活躍。この格好で右奥に入られると、もうどこにいるのか全然分かりませんでした。wbが緑の少ないフィールドだと思ってる人は、認識を改めるべきですな。

Imag0039
 最後に、参加者+スタッフさんで記念に一枚撮ってもらって終了。
 ご参加の皆様、お疲れ様でした。特にSさんに於かれましては、私が至近弾で負傷した際、濡れタオルを下さり誠に有難う御座いました。
 また機会がありましたら、宜しくお願い致します。

Imag0041
お  わ  り

« 反省会 | トップページ | WB定例反省会 »

サバゲ(etc)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/40940210

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトベース定例会:

« 反省会 | トップページ | WB定例反省会 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ