カテゴリー

フォト

« 和太鼓 | トップページ | これが西部劇魂だ! »

騎兵用ガントレット代用品

Gkg
 手袋のお話。

 騎兵といえばこの手首まで覆う独特の手袋なんですが、コレって国内じゃ殆ど流通してないんですよね。私も、サウザンドリーブズさんで仕入れて下さった極少数の内一着を何とか入手しましたが、矢張り高くて貴重なのでなかなかサバゲで使い潰す、とは行きません。何とか、安い代用品はないものか……そんな事を考えながら、仕事着を買おうと近所のワークショップタマイさんを覗いたら、何やら使えそうな手袋が!

20101027190157
 富士手袋工業㈱「天牛クレスト ロング32cm」(品番3082) \680-です。

20101028221721
 ちょっと並べてみました。パッと見、余り違いはないようです。
 代用品計画は一応成功のようです。

20101028221810
 勿論、完全に同じとは行きません。
 このような詳細比較を行うと、右側のバッタモンには手の甲に筋がなかったり、縫い目が逆だったりと色々粗が見えて来ます。
 ただ、その一方で右のグローブの指が短く、左のグローブよりも日本人の手にマッチしているであろう事も分かると思います。
 実のところ、ガントレットはアメリカ製リプロなので日本人の手にはやや余る気がします。特に、指先を使うサバゲ中ではこうした感覚の違いは致命的で、私もしょっちゅうSAAのトリガーに指が通らなくて絶望してましたw

 取り敢えず、次に騎兵隊装備を付ける機会──恐らく、12月のVショー──に。仮に代用品を付けて参加してみようかと思います。これであんまりツッコミがなければ、今後はこっちをメインにして高価でレアなリプロ品は棚にしまいますw

« 和太鼓 | トップページ | これが西部劇魂だ! »

雑記」カテゴリの記事

コメント

溶接で使う革手がこんな感じ(左側)ですね
とは言うか、昔の作業用の革手っつったら、みんなこんな縫い方でしたけどねぇ

なるほどー、最近はこういう縫い目の手袋はあんまり見かけないですね。
よしんば縫い目が同じものがあっても、今度は色が違ってたり厚すぎて使いづらかったり。
なかなか手袋も難しいものです。

たしかに作業用革手ってこういう背縫いなんですけど、やっぱり問題は色と革の厚みなんですよね。

コレって装着感はどうですか?
俺も丸子橋まで買いに行こうかなあ。。。

 余り厚くないので、装着感は悪く無いです。
 と言っても、まだコレを付けてサバゲをしたわけではないので、断言は出来ませんが(足袋も、サバゲで使ったらすぐに欠点が出てきましたし)。
 まぁ、たかが680円なので失敗しても全然惜しくないですがww

 仕事やらナンやらで通りかかった時とかに、買ってみても良いかも知れませんね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/37435282

この記事へのトラックバック一覧です: 騎兵用ガントレット代用品:

« 和太鼓 | トップページ | これが西部劇魂だ! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ