カテゴリー

フォト

« モヒカン族2 | トップページ | フルフェイスゴーグルの重要性 »

剣吊2

20100412142023
 騎兵隊装備用のサーベル釣りを作ってみた。

20100412142150
 以前購入したギボシに、ユザワヤ渋谷店で購入したカバンの取っ手(2本300円)を組み合わせて作成……と言っても、適当に位置合わせしてリューターの円盤カッターでぶった切ってボタンホールこじ開けるだけですがw

20100412142119
 完成図。旧軍の剣釣りを参考にしてますが、間に革のパーツを挟むとか凝った真似はせず、ベルトループを作ってフック付きギボシを通して終りと言う大雑把な大胆な手法を用いております。
 付けてみたところ、何となくナスカン側が長くてちょっと不安定な気がします。でも、元の旧軍剣釣りもそんなもんだしなぁ。まぁ、五月の西部劇魂で実戦テストして考えるか。

« モヒカン族2 | トップページ | フルフェイスゴーグルの重要性 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

スーツ着たとき、ベルトに長ドスをぶらさげたくなるかもしれないので参考にします

参考になれば幸いです……
って、長ドスって引っ掛けるリングとかあったっけ?w
リングなしだと、ベルトで締めるくらいしか思い付かないなぁ。

剣吊は1個の吊環に対して1本です。
正式には、2個吊環のサーベルの場合は2本剣吊を使います。
馬上ではフックを使わずベルトでぶらさげ、地上に降りたら鯉口側の吊環をフックに引っ掛けます。
(後ろ側の剣吊は鯉口側より長いものをつかいます)


剣吊1本の場合は、ナス環を鯉口側の吊環にかけます。
下側の吊環は使いません。
馬上ではフックを使わずベルトでぶらさげ、地上に降りたら鯉口側の吊環をフックに引っ掛けます。


日本軍の軍刀もそうなのですが、本来は馬上での使用を主眼に置いた佩び方なので徒歩戦闘には向いていません。
馬に乗ってないときは不安定なのがデフォですwwwww

以上、参考にしてください(^o^)/


余談ですが日本軍の場合、実戦では邪魔っけなのでベルトに侍差しにしたり、紐で背中に忍者掛けに背負ったりしていたみたいですよ。

kamikazeさん>>
剣吊の使用法、有難う御座いました。
google全盛の今日でも、そうした細かい軍装のアレコレは検索だけじゃ出て来ないので、本当に助かりました。
ちなみに私は、馬には乗らないので剣吊1本でやって行こうと思います。
ナスカン側が短いのも今となっては邪魔にならなくていいのかも……。

その内、自転車に馬の首つけて「ヒヒーン」とかやる事もあろうかと思いますが、その際には二本作って付けてみます。

追記:実は日本軍もものぐさなんですねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/34190390

この記事へのトラックバック一覧です: 剣吊2:

« モヒカン族2 | トップページ | フルフェイスゴーグルの重要性 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ