カテゴリー

フォト

« ボムステーキ | トップページ | MS IGLOO2 第二話「陸の王者、前へ!」 »

中華製地球連邦軍制服

20091222183152
 今月上旬に発注していた中華製地球連邦軍制服が到着したので、ちょっとレビューしてみる。

01
 まず、これが商品のサンプル画像。これで一万円切るのは凄いなぁ。

20091222191236
 届いた商品。
 ちょwww全然違うwww

20091222191738 20091222191337
 サンライズ公認のトランリップ製地球連邦軍制服と並べて見ると、もっと良く分かります。
 先ず、襟が立て襟になっておらず、普通のYシャツになっちゃってます。流石中華クオリティorz
 こりゃ大手術が必要だなぁ。

20091222191313
 胸の徽章。これはまぁ、剥がしちゃうからいいや。

20091222191521
 サンプルだと分かりにくいんですが、肩の徽章がビニール製です。ちょっと安っぽく見えますね。

20091222191413
 袖口も、折り返しではなく普通のYシャツタイプ。しかも、なんとベルクロ止めw ボタン式にした方が安く済むと思うんですが中国じゃ事情が違うのか。
 ちなみに上のサンプル写真では袖口が黒いのですが、これは業者に依頼して赤に変えて貰いました。手数料0円。この辺は良心的です。

20091222191441
 裾。ここまでリボンが入ってしまってるのは痛いなぁ。
 まぁ、ベルトや装具で殆ど隠れるから、気にならないといえば気にならないんですが。でもまぁ、同種の布を入手して端末処理が出来るようになったらきっと剥がす。

20091222191908 20091222191946
 謎のオマケ群。
 左の金銀のドクロバッチは、サンプル画像で左胸に付いてた奴ですね。単体で見るとそれなりに凝ってますが、どう考えても地球連邦軍とは全然関係ないです。
 右はベルト。ここまで似せるつもりが無いと寧ろ清々しいです。でも何かへっぽこSF風に見えなくも無いので、今度スタートレック装備に合わせてみようかと思います。案外似合うかもw

 こんな感じで散々な中華製レプリカですが、では無価値なものかと言うとこれがそうでもないんですな。
 現行のトランリップ製は出来は良いのですが、サイズが少ない、ぶっちゃけて言うと女性用なので、男性にはちと苦しいのです。特に私のようなメタボ兵士がトランリップ製を着ると、こちらのエントリーのTOP画像みたいに、上着の裾が広がって随分みっともない事になっちゃうので。そういう意味では、サイズを指定出来る中華製レプリカ地球連邦軍制服は、まぁそれなりに値段分の価値は有るんじゃないかと。
 無論、改修は必須ですがw

 今後は襟と裾の改修を掲載して行きたいと思います。

« ボムステーキ | トップページ | MS IGLOO2 第二話「陸の王者、前へ!」 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

宇宙世紀への道のりは長くキビシイですなあ。。。

パソコンのモニター越しに商品の品質が理解できるなんて・・・・・

人間はそんなに便利にできているわけじゃない。

ニュータイプは、通販の達人ではないんですよ!!

やっぱVショーとかで来て見て触ってでないとダメですね。
この風、この肌触りこそ戦場よ!的なw
安易に通販しないオールドタイプこそ、買い物の真の勝者なのかも知れませぬ。

この手の服を見ながら買える場所って何処かに無いかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/32701245

この記事へのトラックバック一覧です: 中華製地球連邦軍制服:

« ボムステーキ | トップページ | MS IGLOO2 第二話「陸の王者、前へ!」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ