カテゴリー

フォト

« 西部劇魂5.5(後編) | トップページ | パトカー »

西部劇魂5.5反省会

 以下、個人用メモ。チラ裏。

Taihou01 Taihou02 Taihou03
 先ず不発だった大砲ですが、これは撃鉄取り付け位置がズレていたのが原因と判明したので、スペーサー(と言っても、プラ段ですがw)を敷いてテープで補強しました。これだけの改造ですが、数回の発射テストに成功したので、まぁ問題ないでしょう(適当
 ただ、ヒンジが劣化して更に撃発の位置がズレたら大変なので、近い内に重量用ヒンジを用意する予定です。 それに合わせて、スペーサーもエポパテ等もう少ししっかりした素材に直す予定です。

20090628200032
 サーベル(プラ)の方は、鞘がサーベル吊から落ちる、握りが短くてすっぽ抜ける等散々でした。今度ドンキにでも行って、前のサーベルと同型のサーベルを探して来ます。これじゃ危ない。

 サーベル(金属)は、流石に雨の中振り回してたんで錆だらけでしたw この撮影の後、慌ててCRC吹いて金タワシで磨きました。でもまぁ、受けたから良いやw
 吊り方に関して名古屋の方から「革ベルトとフックで引っ掛ける奴を作っては?」と言うアドバイスを頂いたので、ちょっと自作してみます。或いは、頑張って正規の剣吊りに近いものも作っちゃうかも……ま、この辺はハンズの革製品ブースを眺めながら考えます。

Yr_zubon
 あとズボンの色についても、もっと濃い方が近くないか? とのご指摘を受けました。確かに、「黄色いリボン」の騎兵連中はより鮮やかなブルーのズボンを履いているんで、西部劇的にはその方が良いんですが……


 一方で、リエナクトに登場する騎兵は空色のズボンなんですよねー。うーむ、一応手持ちは両方あるんですが、どっちを履いたものやら。

« 西部劇魂5.5(後編) | トップページ | パトカー »

雑記」カテゴリの記事

コメント

昔の映画って、色がとんでてあまり配色はアテにならないんですよね(^^;)
有名なところでは「名無しのポンチョ」の色が、茶色に写ってたり国防色に写っていたり・・・
実物を自分で見てみるのが一番なんでしょうけど、いづれにしても自分自身が一番納得できるものを選ぶのがよいとおもいますよ。


革グルメットの件ですが、中田商店の御徒町店に行けば日本軍将校用略刀帯のパーツがバラで買えると思います。
下げ緒用のフック、ナスカン、ギボシを買って、革ベルトと組み合わせればOKではないでしょうか?


模擬刀サーベルはホントカッコ良かったですねヽ(´▽`)/
私もめっけたら買っちゃおうかなあ♪

kamikazeさん>>
 あ、そう言えば名無しのポンチョは確か兵隊から剥ぎ取った奴ですね。
 当時の軍用雨具の参考になるかも知れないので、今度映画を見て確認して置きます。

>サーベル吊改めグルメット
 グルメットと言う名前なんですね……全然知りませんでしたorz
 旧軍のアイテムが使えると言うのも良い話ですね。
 情報提供有難う御座いました。Vショーの後にでも行ってみます。

>模擬サーベル
 そして次回、kamikazeさんの手には超本格的なインディアン槍のレプリカが……!?
 って、あのインディアン衣装は一回こっきりでしたね。はてさて、次回はどんな装備が飛び出すやら。

>>グルメット
日本陸軍では歩兵科で使用している革製のものを「釣革」と呼称していたようです。電車みたいですね(笑)
鯉口側の金具につなぐものを第一釣革といい長さ35cm、後ろ側を第二釣革といって長さ60cmに規定されていました。

対して騎兵科では、金属グルメットと呼称するチェーンを使っていました。これ、実際に使ってみると鞘にカチャカチャ当たってやかましいです。

本来グルメットとは馬具の轡鎖のことで、それに似た鎖状の釣帯であることから「グルメット」と名付けられたんじゃないかと思います。

革グルメットというのは私が勝手に付けた造語です。紛らわしいこと言っちゃってすみません(^^;)


>>名無しのポンチョ
続・夕陽のガンマンで、入手の経緯が描かれていますよね。
セルジオレオーネは3作の連続性を否定していたそうですが、どうみても意識した演出にしか見えません。
ポンチョをひらりと羽織ったときの、イーストウッドの「どうよっ!」という表情が全てを物語っています(笑)


>>インディアン
実はなにげに気に入ってますw
あの衣装はもうヨレヨレで駄目かもしれませんが、いづれ趣向を変えて再登場するかもしれません。

↑↑↑
ごめんなさい。グルメットの件、補足。

グルメットとは金属製の鎖状の釣革の名称ですので、革製のものは「釣革」が公式名称です。

ただしあくまで、旧日本軍でのお話です(;´▽`A``

へた騎 殿のレポは読み応えあるなぁ~
(どうでも良い話:「へた騎」殿より「へた独」殿のがゴロがよいですな♪)
当日の様子からすると、流石です、お見事。

kamikaze氏のネタは考証からして受けるのだなw
その場即興でないところがお二人に共通する点。
見習わないといかんな~

kamikazeさん>>
 おお、次回もインディアンですか。
 次回は酋長様とかも来そうな気がするので、こちらも武装を整えて対抗しなければ!

>グルメット改め釣革
 確かに、金属製のは騎兵隊でも使ってませんでしたね。
 中田商店で探す時には、ごっちゃにならぬよう気を付けます。

 まぁ、どうしてもとなれば武器屋さんで買ってくれば良いんですが、高い……。

>続・夕陽のガンマン
 私はその辺どうもうろ覚えで困ります。
 マカロニウエスタンは余り見て居ないので、要勉強です。

X4さん>>
 当日はお疲れ様でした。
 また、モスカートを貸与頂き誠に有難う御座いました。
 次回までには何とかカートを増やしたいところですが……。

>へた騎 殿のレポは読み応えあるなぁ~
 過分のお言葉を頂き恐縮です。頑張った甲斐が有ります。
 ……但し時々頓珍漢な事を書いたりしておりますので、そのような時にはご遠慮なくご指摘願います。

>その場即興でないところがお二人に共通する点。
 私の場合は、咄嗟の機知に欠け、アドリブが効かないんですよね。
 それで準備は念入りにやってるんですが……これって見習っちゃっていいものかどうか(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/30321406

この記事へのトラックバック一覧です: 西部劇魂5.5反省会:

« 西部劇魂5.5(後編) | トップページ | パトカー »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ