カテゴリー

フォト

« 第五回西部劇魂反省会 | トップページ | サーベル »

『ケルベロス 東京市街戦 首都警特機隊全記録』

20090501194137
 学研のウソ歴史ムックアナザー・センチュリー・ヒストリー・シリーズ第三弾。連邦軍コスをそろえる時には、『機動戦士ガンダム一年戦争全史U.C.0079-0080』に随分お世話になったなぁ。はてさて、今回の出来栄えや如何に。

 内容は、これまで曖昧だったケルベロス・サーガの戦中・戦後からケルベロス騒乱までの歴史を纏めた記事が半分、残りは設定集、押井守×田村尚也の対談、藤原カムイの書き下ろしコミック。
 歴史は偽新聞記事まで書いてて、なかなか凝った感じです。面白いかまでは保証しませんがw
 設定集は、首都警の装甲服から始まって一般制服、車両まで紹介されるという充実振り。何だかケルベロス世界の自衛隊の装備まで紹介しててワロタw 正に昭和の香りでしたww
 翻ってコミックは……ファンの為の漫画って感じで、個人的にはびみょー。特機隊の新たな側面を掘り起こすような漫画が欲しかったんですけどねぇ。どうもケルベロス・サーガに関しては、押井が関与しない方が面白くなる気がする。

 全体に、藤原カムイの「犬狼伝説」に準拠。そのためアンパイア用のプロテクターにガリルを構えた「軽装隊員」の姿はなく、その代わりコミック版で乾が着て居た軽装甲服や、空港で対峙した警視庁機動隊(特殊突入部隊「SSG」とか言う尤もらしい名前が付いてましたw)の三面イラストが載ってたりします。ケルベロス好きでも「紅い眼鏡」好きの人には厳しいかも?

Tyakusou
 個人的な注目は矢張りプロテクト・ギアの装着方法。いつかこの装備でサバゲしてみたいもんですw

 そういや鋼鉄の猟犬の展開がスタートした時、ゆくゆくは1/1装甲服も……とか言ってた気がするんですがどうなっちゃんだ。

« 第五回西部劇魂反省会 | トップページ | サーベル »

雑記」カテゴリの記事

コメント

そういえば、マック保安官が「紅い眼鏡魂」やってみたいって言ってましたよw

こんばんは、kamikazeさん。六月西部劇もお手柔らかにお願い致します。

>そういえば、マック保安官が「紅い眼鏡魂」やってみたいって言ってましたよw
おおっと、意外なところで同志発見!
矢張りプロテクト・ギアは男のロマンなんですねー。
ホント、どこかに売ってないでしょうか……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/29386741

この記事へのトラックバック一覧です: 『ケルベロス 東京市街戦 首都警特機隊全記録』:

« 第五回西部劇魂反省会 | トップページ | サーベル »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ