カテゴリー

フォト

« U.N.T.M71A1(その2) | トップページ | NORTH &SOUTH わくわく南北戦争 »

U.N.T.M71A1(その3)

Title
 と言うわけでどうにか完成、「地球連邦軍制式拳銃M71A1」です。

Parts
 パーツ構成。

Long
 組み立て後。全長は3.5ゆっくり、もとい23cmです。ちょっとした中型オートくらいの大きさです。

20090407225501
 21発撃ち終わり!
 試射して見たところ、一発目が弾ポロだったんで「もしかしてセンター出てない!?」と焦りましたが、二発目以降は順調に発射。全21発綺麗に撃ち終わりました。なかなかキックも強くていい感じです。

Wareme
 尤も、キックが強過ぎてパテが剥がれ、折角消した合わせ目が復活するなんて事も(^^;
 うーん、サバゲユースだから多少は覚悟していたんですが、矢張り仕上げは無駄になったか……。

Tairapp
 グリップは、マニュアルでは接着となっていましたが、それでは破損時に修理出来ないので、タイラップで括りました。元々のグリップを固定していたネジを使用しようとも思ったんですが、ハンドドリルでは穴の位置が合わずに失敗。旋盤が欲しくなる一瞬でしたw
 他にも、金属でブリッジ作ってネジ留めとかも考えたんですが、どうもぶっ壊しそうなんで結局タイラップになった次第です。

Mag
 こちらはマガジン。底のパーツを外さないとガスが入らないと言う、使い易さとかを全く考慮してない構造です。流石ガレージキット。
 ちなみにマニュアルだと、ナットを使ったスイッチが付属しており、それを押すとマガジンの留め金が外れて底部が外れるんですが、ナットがひょっこり頭を出しているのが気に入らなくて取り外しました(なのにタイラップは気にならないのかw)。千枚通しや爪楊枝でスプリングを押し込んで外す構造にチェンジ。

Sukima
 そして組み上げてから気が付くスキマorz
 仮組の時には、マガジンに付けないで大きさだけ見てたからなぁ。マガジンに取り付けの上で嵌め込んでみるべきでした。今度機会が有ったら、 プラ版を張り付けて嵩上げしよう……。

 以上、M71A1レポでした。次は西部劇魂か……大砲の発射機構だけでも作ってくるか。

« U.N.T.M71A1(その2) | トップページ | NORTH &SOUTH わくわく南北戦争 »

トイガン」カテゴリの記事

コメント

旋盤じゃダメでしょwボール盤でしょ。

猟兵さん>
そうそうそれそれ
と言うか、やっぱ工具とか全然わからないのに適当な事を書いちゃいかんなー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/29011943

この記事へのトラックバック一覧です: U.N.T.M71A1(その3):

« U.N.T.M71A1(その2) | トップページ | NORTH &SOUTH わくわく南北戦争 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ