« 秋の陣the3rd反省会 | トップページ | M1882ホルスター(前編) »

2008年10月17日 (金)

マルイプロゴーグル

Maruig_syoumen
 新発売のマルイプロゴーグルを前回の26耐で使用したので、ちょっとレビューしてみます。

 恐らく、一番多くの人が知りたがっているであろう、「ぶっちゃけ曇るの? 曇らないの?」と言う質問に対しては答えは簡単。

「曇りません」

 11日午後3時から始まり、翌日午後3時頃まで行われたゲームの間、曇る事は全く有りませんでした(電池不足で回転が弱くなった場合を除く)
 但し、全く問題が無いわけでもなくて……以下、細かい部分の解説と実際の使用感を書いて行きます。

Maruig_ura
 まず、裏側全景。
 やや硬めのスポンジによって顔と接するようになっています。これによりフィット感は結構いいんですが、何しろ汗を吸収してしまうので、夏場の汗をかきまくるシーンでは、湿り気でいやーな思いをするかも……ゴムなら手持ちのタオルで拭けばいいんですけどねぇ。

 上下(特に上の方)に視界を広く取っている関係で、ヘルメット、と言うか庇の有る帽子との相性は最悪。
 M35ヘルメットと一緒に付けようと、ヘルメットを先に付けたりゴーグルを先に付けたりと四苦八苦したのですが、ついに付きませんでした。逆に、庇の無いM38略帽との相性はばっちりでした。多分、シュマグを巻くような近頃のユーザーを念頭に入れてるんでしょうね~。庇の有るヘッドギアばかり持っているコスプレゲーマーの自分としては、この問題はかなりネックだったりします。

 マスク部分の通気性はそこそこ。吐いた息がゴーグルに逆流するなんて事は無いが、1ゲーム終わると確実に湿ってるので拭いた方が気持ち良く使える。
 宣伝文句の「どんな銃でも頬づけ可能!」は流石にオーバーだが、それでもやはりサンセイよりは格段にマシ。……まぁ、ショウエイのMP44で試した結果なんて信用できねぇと言われればその通りなんですがw

Maruig_fan
 ファンは小さめのが一個。非力に見えますが、ローパワーでも十分曇りを取る事が出来ました。逆に、ハイパワーだから凄くクリアに……なんて事も無かったので、普通にローパワーオンリーで良かったんじゃないかと言う気もします。まぁ、ハイパワーはどんなにブン回しても「曇る曇る」と口煩いユーザーに対する言い訳みたいなものなのかもw

Maruig_denchi
 電源は単四電池二本を使用。
 パッケージには「LOWなら150時間」とか凄い数字が踊っていたが、 26耐の際には二日目の朝方にはファンの回転が落ちて曇り始め、同10時頃には止まってしまったので電池を交換した。これだけ保てばサバゲユースとしては全く問題無いのだが、流石に150時間はネーヨwwww

 また、電池の蓋のツメが外しにくいのも難点。迅速な取り換えは難しく、ゲームの合間の忙しい時間に電池を換えようと思うと若干イラつくかも。まぁ朝電池を入れて夕方に外すと言う標準的なサバゲなら問題無いんだけど。

Maruig_mainsuwich
 メインスイッチはゴーグル右上。
 位置は分かり易いし触り易いんだけど、ボタンが低いのでグローブを付けたままじゃオンオフし難かった。

Maruig_turbo
 ファンの回転を切り替えるターボスイッチは、ゴーグル左上。
 こちらは絶妙のクリック感でいい感じでした。こっちに使ってるような押しボタンをメインスイッチにすれば……とも思ったのですが、多分強度的に問題があるんでしょうね。

Maruig_belt
 装着は幅広の布ゴム製ベルトで行う。バックルはプラ製、脱着・長さの調整は何れも容易。但し、長期間付けていると頭が痛くなってくる。まぁ、これはどんなゴーグルでも同じか。

Maruig_manual
 そして最大の問題。これは海外製なのでマルイじゃ修理出来ませんとの事! あのなー、メンテナンス体制までコミだと思ったからこそ、7000円近い値段でもホイホイ買ったんだぞ……まぁ、レンズの供給はちゃんとやるみたいなので、ファンが壊れなければそれでいいっちゃーいいんですがねー。

【総評】
 曇らないし銃も構え易いし、 ベルトもしっかりしていて非常にgood。シュマグや米軍特殊部隊なんかの庇の無いヘルメット(ヘルメットに関しては飽くまで自分の予想です。実体験をベースとする当blogでありながら、紛らわしい記述をしてしまい、大変申し訳ありませんでした。ここに読者の皆様に深くお詫び申し上げます)との相性も良く、PMC装備や特殊部隊装備が全盛の最近のサバゲシーンでは大いに活躍するだろう。

 まぁ、キャバルリーハットと併用できない時点で私には無用の長物ですけどねorz

2008.11.21.追記
 namuiさんより、お店にてMICHヘルメットとマルイプロゴーグルの組み合わせを試してみたところ、上手く被れなかったとの報告をコメント欄に頂きました。
 庇の無いヘルメット向けにあの様な上に張り出した構造になっているのかと想像していたのですが、全くの見当外れだったようで、シュマグくらいにしか合わないようです。当該記事を読まれた読者の皆様方に、いい加減な記事を提供してしまいました事を深くお詫び申し上げます。でも賠償はしませんw 所詮その程度の適当blogですので(ぉ

« 秋の陣the3rd反省会 | トップページ | M1882ホルスター(前編) »

雑記」カテゴリの記事

コメント

貴重な体験談、ありがたや~
オイラの昆虫系メットには無理そうかな?とおもた。
スポンジは汗かきには「べた」yaだーてナ感じですね。
輸入品のため修理はでけへん・・・笑いました。

 はんちょーさんの触角メットも庇が有りますから、マルイの新ゴーグルとはあまり相性が良くないと思います。
 スポンジはマメに拭かないといやーんな感じになりそうです。

こんにちは、初めまして。
ナムイと申します。
貴重な情報ありがとうございます!
さて、初対面でのいきなりの質問失礼いたします。
実は今回のレポートに関してなのですが、総評の「米軍特殊部隊なんかの庇の無いヘルメットとの相性も良く」の部分の米軍特殊部隊の庇のないヘルメットとは「MICHヘルメット」のことなのでしょうか?
検索してみたところMICHヘルメットの項目が出てきました、私自身軍用のヘルメットを試しに被る機会を得ることが難しく、今回マルイプロゴーグルとヘルメットとの併用を考えているので、詳しくお聞きしたく質問した次第です。

 初めまして、ナムイさん。
 該当の部分は本当に済みません、あくまで自分の予想でして、自分で体験しての結果ではありません。
 軽率な記事を書いてしまって申し訳ありませんでした。早速訂正いたしますので、どうかご寛恕を賜りたく思います。

こんにちは。
こちらこそお手を煩わせたみたいで申し訳ありません。
ヘルメットとの相性が必ずしも良いかどうかやはり試着してみるべきと結論が出たので一歩前進だと思います。
丁寧に回答していただきありがとうございました!

 こちらこそ、誤解を招くような記事を書いてしまって、申し訳ありませんでした。
 良い結果が得られる事を祈っております。

追記 MICHヘルメットをあるお店でプロゴーグルと一緒に試着させてもらったところ、うまくかぶる事ができませんでした。

 レポート有難う御座います。
 人柱となったnamuiさんの英雄的行為は、きっと世のサバゲーマーに貴重な教訓を残した事でしょう。私も早速記事に追記し、後の戒めとしたいと思います。

私の体験を丁寧に追記してくださりうれしいばかりです。
MP44で暴れる姿を想像しつつ応援しております。
それでは!

こちらこそ、情報の提供有難う御座いました。
こうした体験談は非常に貴重ですので、今後ともご指摘等有りましたら宜しくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルイプロゴーグル:

« 秋の陣the3rd反省会 | トップページ | M1882ホルスター(前編) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ