« ジオン軍ノーマルスーツ(モスver) | トップページ | 騎兵隊ズボン »

2008年10月22日 (水)

M1882ホルスター(後編)

Saahorusuter_mizu
 と言うわけでSAAホルスター水漬け作戦実施中。革を痛める危険性が有るので、良い子のみんなはマネしちゃダメなんだぜ。

Saahoru_kekka
 三日間陰干しした後のホルスターです。銃身を入れる部分が若干反っているのがお分かり頂けますでしょうか?

 蓋を開けてみたら、内側がうっすらとていました。夏にニューモデルアーミーのホルスターで試した時には無かったんですが、矢張り気候の差は大きいようです。時間的な余裕が有れば、夏にやった方がいいでしょうね~。あと、US刻印も少し薄くなってしまったので、拘る方はこの水作戦は避けた方がいいでしょう。まぁ、私は気にしないのでいいんですが。

 ビニールを外して出し入れしてみたのですが、スムーズに出入りし、蓋を閉めてもガスが漏れる事は有りませんでした。これで、西部劇魂03では心置きなく二丁拳銃をぶっ放す事が出来ます。
 今回の処置に関して、ご助言を頂きましたクラウンさん・ブラミーさんに於かれまして、誠に有難う御座いました。と言うか、私の力量不足(と物臭)のせいで、折角の御意見を活かす方向で処置出来ず申し訳ありませんでした……これに懲りず、ご意見を賜れれば幸いです。

« ジオン軍ノーマルスーツ(モスver) | トップページ | 騎兵隊ズボン »

雑記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
旧日本軍をやってる関係上、私も皮製品とはよく格闘します。
やかんの口から出る湯気をあてて革をやわらかくしてからクセ付けしてあげるといいですよ。
実際の革職人も加工時にスチームを使うようです。

まさかそんなことはやらないとは思いますが、絶対お湯に浸けちゃだめですよ。
友人が弾薬ゴウを丸々駄目にしちゃったことがあります。

Kamikazeさん>
 ご助言有難う御座います。
 なるほど、スチームですか。ウエスタンハットの調整にも使うらしいですし、応用範囲が広そうです。

 お湯がダメと言うのも、初めて知りました。お聞きしなければ、いつの日かやってしまったかも……有難う御座いました。
 革製品手入れの道は険しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M1882ホルスター(後編):

« ジオン軍ノーマルスーツ(モスver) | トップページ | 騎兵隊ズボン »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ