カテゴリー

フォト

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

M1882ホルスター(後編)

Saahorusuter_mizu
 と言うわけでSAAホルスター水漬け作戦実施中。革を痛める危険性が有るので、良い子のみんなはマネしちゃダメなんだぜ。

Saahoru_kekka
 三日間陰干しした後のホルスターです。銃身を入れる部分が若干反っているのがお分かり頂けますでしょうか?

 蓋を開けてみたら、内側がうっすらとていました。夏にニューモデルアーミーのホルスターで試した時には無かったんですが、矢張り気候の差は大きいようです。時間的な余裕が有れば、夏にやった方がいいでしょうね~。あと、US刻印も少し薄くなってしまったので、拘る方はこの水作戦は避けた方がいいでしょう。まぁ、私は気にしないのでいいんですが。

 ビニールを外して出し入れしてみたのですが、スムーズに出入りし、蓋を閉めてもガスが漏れる事は有りませんでした。これで、西部劇魂03では心置きなく二丁拳銃をぶっ放す事が出来ます。
 今回の処置に関して、ご助言を頂きましたクラウンさん・ブラミーさんに於かれまして、誠に有難う御座いました。と言うか、私の力量不足(と物臭)のせいで、折角の御意見を活かす方向で処置出来ず申し訳ありませんでした……これに懲りず、ご意見を賜れれば幸いです。

ジオン軍ノーマルスーツ(モスver)

Zeon_pack
 と言うわけで、以前触れた「ジオン軍ノーマルスーツ(モスver)」を買って来ました。

Zeon_zenkei
 取り敢えず吊るしてみた。こうして見るとノーマルスーツっぽいですが……

Dsc00950
 良く見ると、結構ショボイwww
 本来立体の陰影として出て来る筈の黒をがっつりプリントしてるので、近くで見るとペラいです。特に胸元の部品がなぁ。

Zeon_senaka01
 背中。
 一見すると一体成型の様に見えますが……

Zeon_senaka02
 実はファスナーが隠されてます。この隠し方は相当に巧妙で、ここだけは手放しで褒めてもいいって感じです。

Zeon_asimoto
 足は若干余ります。
 私が短足なのか、ズボンが長すぎるのか……計ってみたところ、股下は80cmくらいでした。丈直しをしないといかんなぁ。

Zeon_huzokuhin
 付属品一覧。
 ブーツトップはコスプレ目的なら兎も角サバゲには向かないので、自衛隊半長靴で代用予定。なーに、どうせ誰も気がつかんw
 手袋はなかなかゴツくていい感じ。こういう手袋、なかなか無いんだよなぁ。騎兵隊用のグローブに流用出来ないかな?

Zeon_belt
 ベルトはしっかりしたゴム製で、全部品の中で一番しっかりしてます。留め方も、地球連邦軍士官制服のベルクロ留から、バックル留めにレベルアップ。これはなかなかです。

Zeon_tyakuyourei
 ちなみに、着るとこんな感じです。色々文句も言いましたが、ストームトルーパーよりは遥かにマシなので、次回のサバゲ(11月の架空銃戦は西部劇魂03の直後で出られないから、12月のvipサバゲ辺りか?)これで参加予定です。銃は……MP44でいいかぁ、何か「やらせはせん、やらせはせんぞー!」って感じだし。

M1882ホルスター(前編)

 さぁ、準備を始めよう。次のサバゲの為に。次の次のサバゲの為に。

Dsc00937
 と言うわけで、来月に控えた西部劇魂03に備えて武●屋さんで騎兵隊御用達の「1882年型ホルスター」を購入。\6,000-也。
 あと、念願の胴乱が有ったのだが、状態の良い品だからか\21,000-となかなかのお値段だったので、涙を呑んで帰る。流石に26耐の直後にこの金額はなぁ。

Dsc00938
 しかし矢張り入らないorz ニューモデルアーミーの悲劇再び!?

Dsc00939
 どうも革と部品の擦れる音で判断する限り、この前後で照星がつっかえているらしい。

Dsc00941
 えいやっとばかりに半円形の出っ張り部分の糸を抜いてしまう。
 真面目なリエナクターが見たら泣きそうな行為だが、所詮私は極悪非道のコスプレゲーマー。実用性の前には再現度なんて目じゃねえぜ!
 それでも、まだシリンダーが半分か……。おまけに、「ぶしゅ~~」といつものイヤな音がw

 うーん、矢張り水に漬けるしかないか。

マルイプロゴーグル

Maruig_syoumen
 新発売のマルイプロゴーグルを前回の26耐で使用したので、ちょっとレビューしてみます。

 恐らく、一番多くの人が知りたがっているであろう、「ぶっちゃけ曇るの? 曇らないの?」と言う質問に対しては答えは簡単。

「曇りません」

 11日午後3時から始まり、翌日午後3時頃まで行われたゲームの間、曇る事は全く有りませんでした(電池不足で回転が弱くなった場合を除く)
 但し、全く問題が無いわけでもなくて……以下、細かい部分の解説と実際の使用感を書いて行きます。

Maruig_ura
 まず、裏側全景。
 やや硬めのスポンジによって顔と接するようになっています。これによりフィット感は結構いいんですが、何しろ汗を吸収してしまうので、夏場の汗をかきまくるシーンでは、湿り気でいやーな思いをするかも……ゴムなら手持ちのタオルで拭けばいいんですけどねぇ。

 上下(特に上の方)に視界を広く取っている関係で、ヘルメット、と言うか庇の有る帽子との相性は最悪。
 M35ヘルメットと一緒に付けようと、ヘルメットを先に付けたりゴーグルを先に付けたりと四苦八苦したのですが、ついに付きませんでした。逆に、庇の無いM38略帽との相性はばっちりでした。多分、シュマグを巻くような近頃のユーザーを念頭に入れてるんでしょうね~。庇の有るヘッドギアばかり持っているコスプレゲーマーの自分としては、この問題はかなりネックだったりします。

 マスク部分の通気性はそこそこ。吐いた息がゴーグルに逆流するなんて事は無いが、1ゲーム終わると確実に湿ってるので拭いた方が気持ち良く使える。
 宣伝文句の「どんな銃でも頬づけ可能!」は流石にオーバーだが、それでもやはりサンセイよりは格段にマシ。……まぁ、ショウエイのMP44で試した結果なんて信用できねぇと言われればその通りなんですがw

Maruig_fan
 ファンは小さめのが一個。非力に見えますが、ローパワーでも十分曇りを取る事が出来ました。逆に、ハイパワーだから凄くクリアに……なんて事も無かったので、普通にローパワーオンリーで良かったんじゃないかと言う気もします。まぁ、ハイパワーはどんなにブン回しても「曇る曇る」と口煩いユーザーに対する言い訳みたいなものなのかもw

Maruig_denchi
 電源は単四電池二本を使用。
 パッケージには「LOWなら150時間」とか凄い数字が踊っていたが、 26耐の際には二日目の朝方にはファンの回転が落ちて曇り始め、同10時頃には止まってしまったので電池を交換した。これだけ保てばサバゲユースとしては全く問題無いのだが、流石に150時間はネーヨwwww

 また、電池の蓋のツメが外しにくいのも難点。迅速な取り換えは難しく、ゲームの合間の忙しい時間に電池を換えようと思うと若干イラつくかも。まぁ朝電池を入れて夕方に外すと言う標準的なサバゲなら問題無いんだけど。

Maruig_mainsuwich
 メインスイッチはゴーグル右上。
 位置は分かり易いし触り易いんだけど、ボタンが低いのでグローブを付けたままじゃオンオフし難かった。

Maruig_turbo
 ファンの回転を切り替えるターボスイッチは、ゴーグル左上。
 こちらは絶妙のクリック感でいい感じでした。こっちに使ってるような押しボタンをメインスイッチにすれば……とも思ったのですが、多分強度的に問題があるんでしょうね。

Maruig_belt
 装着は幅広の布ゴム製ベルトで行う。バックルはプラ製、脱着・長さの調整は何れも容易。但し、長期間付けていると頭が痛くなってくる。まぁ、これはどんなゴーグルでも同じか。

Maruig_manual
 そして最大の問題。これは海外製なのでマルイじゃ修理出来ませんとの事! あのなー、メンテナンス体制までコミだと思ったからこそ、7000円近い値段でもホイホイ買ったんだぞ……まぁ、レンズの供給はちゃんとやるみたいなので、ファンが壊れなければそれでいいっちゃーいいんですがねー。

【総評】
 曇らないし銃も構え易いし、 ベルトもしっかりしていて非常にgood。シュマグや米軍特殊部隊なんかの庇の無いヘルメット(ヘルメットに関しては飽くまで自分の予想です。実体験をベースとする当blogでありながら、紛らわしい記述をしてしまい、大変申し訳ありませんでした。ここに読者の皆様に深くお詫び申し上げます)との相性も良く、PMC装備や特殊部隊装備が全盛の最近のサバゲシーンでは大いに活躍するだろう。

 まぁ、キャバルリーハットと併用できない時点で私には無用の長物ですけどねorz

続きを読む "マルイプロゴーグル" »

秋の陣the3rd反省会

20081015220942
 先ずは、素敵な斧を頂きまして誠に有難う御座いました。>アキラ
 くだんのSEIYUにはオープン時に何度か私も仕事で足を運んだのですが、真逆こんな洒落の分かるお店だったとは気が付きませんでした。

 あと、指示棒も回収完了。これで心おきなく憲兵ごっこが出来ます……って今回もやろうとしたんですけどね。ちょっと流石にガチ過ぎてそれほど目立てませんでした。空気読まないとね。
 なお、今後はあの杖が元帥杖になりますのでみなさんどうぞ宜しく。

▽▼▽▼▽▼▽▼

Hanseikai_hetadoku
 今回の装備は、以前からお話していた通りストトル様。
 blogでの悪戦苦闘ぶりを知ってて下さった方が何名かいらっしゃったので嬉しかったです。苦労した甲斐が有ったってもんです。
 その後、

 を鳴らしつつ三回ほど突撃して死亡して来ました。今回は気ぐるみ系の気合の入ったコスプレが多かったので埋没しちゃいそうでしたが、それなりに受けたようで何よりです。

 現在上がっている改善点は、

①ベルクロの処理
 ベルクロが剥き出しなので、しゃがんだりすると下地のもじもじ君スーツにくっ付いてしまいました。

②音響装置の取り付け場所検討
 スピーカーポッドをベルトに付けたのですが、ラバー製のベルトでは重量を支え切れず、上記の写真のようにだらりと垂れ下がってしまいました。別途ベルトポーチを用意し、股間アーマーのベルクロと共用化する必要があります。

③マーカー見えにくくないか?
 今回はクレームにはなりませんでしたが、矢張り二の腕に付けたマーカーが肩のアーマーに隠れて見え難かったのではないかと思います。肩のアーマーをライオンボードで新規制作し、赤(トルーパーズみたいにオレンジっぽくしたいところです)と黄色に着色してコンパーチブルに出来るようにします。

 まぁ、そもそもこのアーマーをもう一度着るかどうかも分からないので、この処置も実行するかどうかは分かりませんが……。
 あと、はんちょーさんと娘さんから、使用後の状態をリクエストされたのでupしてみる。

20081015221100
 うわははは、ボロボロだぞー!

▽▼▽▼▽▼▽▼

 ストトル装備は1時間くらいで終了。何しろウレタンが意外に保温性に優れてたお陰で暑くて暑くて……眼鏡は湿気で曇って殆ど視界0だし、ベルクロはひっ付くしでもう大変でしたので。
 と言うか、最後の記念撮影の時に気が付いたんだけど、眼鏡無しで被った方がまだ視界が綺麗だw

 その後は、初期ドイツ軍装備に変更して参戦。FNGの総統代行氏の所でも触れましたが、

20081015224349
 今回からM38略帽を付けてみました。これが実に軽くて被り易く、庇が無いのでマルイの新型ゴーグルと相性が良く、26時間の長い闘いにも関わらずヘッドギア関連の不快感は殆ど有りませんでした。長丁場には良いアイテムのようなので、次回も是非使いたいです。
 まぁ、その前に白いパイピングを何とかせねばなりませんが。

Hanseikai_m42
 で、翌日からはM42野戦服を着用して、後期ドイツ軍装備で参加しようと思ってたんですが……ボタンと徽章と階級章、要するに全部忘れたorz 久々に出したんで、これらを別途保存してたのをすっかり忘れてました。いかんなぁ、ボケとるなぁ。

▽▼▽▼▽▼▽▼

 日用品面の反省。
 保冷タンクは流石にこの時期にはもう不要ですな。次回は西部劇サバゲですが、そちらには持参しない事にします。
 ブルーシートはボロボロなので破棄。近所の作業服屋で買ったんですが、三年くらい使ったかな? 良く頑張ってくれました。次も作業服屋で買おう。

 あと、今回も結局車でガン寝しちゃいました。後期高齢者と言う事で軍法会議にも掛けられず大目に見て頂いておりますが、本スレの「車で寝てる連中は何しに来てるの?」と言う批判は全く以てその通りな訳でして……夜中に本陣が何回も襲撃されているのに、無視してガン寝はどうなのかと。
 そうして他の人よりも余計に休んだのに体力が回復せず、二日目後半は見るに堪えない大味なゲームをやっちゃうし、困ったものです。来年はどうしたもんかなぁ……。

FNG@秋の陣the3rd

 今回のフィールドで出会ったナイスガイ(FNG)共はなかなか数が多くて大変でした。
 例によって撮り逃しも多く、何故オレが入っていないのか? と言う疑問もあるかも知れませんが、参加しながらの撮影と言う限られた視界の中でのチョイスなので、どうかご容赦のほどお願い致します。

Fng_kyouzyu
 先ずは、お忙しいのに顔だけでもと来て下さった教授と、メイドさんのツーショット。何だかここだけヴィクトリア朝な感じです。
 あと、バナナ差し入れ有難う御座いました。

■□□

Fng_soutoudaikou
 続いて、赤軍のFNGから紹介して行きましょう。
 こちらはSS装備の総統代行氏。帽子はM34略帽、上に来ているのはSS迷彩のツェルトバーンです。
 略帽は庇が無いのでゴーグルと干渉しにくく、それでいて一発でナチ野郎と分かる優れものです。
 ツェルトバーンは所謂ポンチョですね。雨対策・寒さ対策・カモフラージュと一つ三役のこれまた結構な品です。これが装備できるのはSSの特権ですね~(国防軍迷彩のツェルトバーンもどっか出してくれないかなぁ)

Fng_southafirika_2
 お次は、南アフリカ共和国軍と言うマイナー装備で参加された黒アル氏。銃はFN-FALとMINIMI。写真のMINIMIは痛車ならぬ痛銃仕様で、ストックにこなたのシールが貼ってありましたw

Fng_greecegun
 こちらはグリースガン装備で参戦された剛の者。重たい銃本体に重たい予備マガジンを三つくらい付けて、26時間を戦い抜かれました。更に言えば、予備銃はMAXIモーゼルだけです。海軍空挺隊装備、揃うと良いですね……。

Fng_yattyan
 怪しいセーラー服姿で現れたのは桜塚やっくん、いや半分猫なのでにゃっくんか?
 女装コスプレはキモがられるのがオチですが、このコスプレは元ネタが男なので文句の付け様が有りません。勿論この恰好で参戦し、メディック戦でも衛生兵として活躍されてました。

Yoru_akirasan
 そして、今回最多戦死賞をゲットしたアキラ氏。ショットガン用の背負い式ホルスターに、スポンジ剣とスポンジ斧を装着して出陣したツワモノです。人当たりの良さ、機敏な動き、そして敢闘精神……この人になら、最多戦死賞のカップを渡してもいいと思いました。

 別に斧を貰ったから贔屓しているわけじゃないです。念のため。

□■□

Fng_kagaminerin
 さて、ここからは黄軍の精鋭です。
 こちらはボーカロイド・鏡音リン。初音ミクはもう居るだろうから、敢えて外してリンで来てみましたとの事でしたが、残念ながらミクは不在でした。

Fng_roanapura
 インパクト強過ぎ! なブラックラグーンのシスター達
 一人一人でも強力なのですが、三人揃うと一段と怖いです。ちなみに、真ん中の方はアイパッチ付きと非常に凝った造りになっています。画像だとモザイクで分かりませんがw
 また、右端の方は修道服をキャストオフするとガチャピンになります。そのポテンシャル、底が知れません。

Fng_ninja
Fng_ninja_nanori
 最強の戦場パフォーマー、忍者さん。ネギ戦での名乗りはお見事でした。胴着の帯にはお守りまで付いていると言う拘りも流石です。 これからも頑張って外人さんに日本文化を伝道して下さい。 ( -人-)オッジーギ!

Fng_scar_sadako
 夜半フィールドをこの恰好で徘徊し、フィールドを恐怖のどん底に陥れた貞子さん。見事ベストパフォーマーとしてSCARをゲットされました。
 黄軍大将はゲーム開始前に「サバゲでも金、ネタでも金」と叫んで自軍の兵士を鼓舞したそうですが、これなら正に銀メダルの獲得は間違いないと思います。

 ……え? 何故金じゃないのかって?
 うーん、金はt2cの最先任コスプレイヤー・船務長閣下(↓)の専権事項ですからねぇ。私如き末輩にはなんとも(^^;

□□■

Fng_senmutyooo
 今回の船務長氏の装備はケロロ軍曹。見て良し、戦って良しの名コスプレでした。この恰好でスナイパーステージまでこなすんだから、これがホントの文武両道?@モア殿

 以上、今回のFNGでした。

Team2ch 秋の陣the3rd(10/12編)

  (この記事は10/11編の続きです)

10_12asa
 翌12日早朝のセーフティ。昨日とは打って変わった快晴で、かなりの暑さが予想されます。

Asa_safty
 寒さの余り、ドラム缶の焚き火に集まる人々。
 この朝の冷え込みは相当なもので、低体温症に掛ってセーフティに回収される人も出たとか。車中泊だった私でも、エンジンを掛けなければ眠れなかった程ですから、もし来年もこの時期にやるのであれば、各自防寒対策を充実させる必要が有りそうです。

Tyousyoku
 7時頃、朝食配給開始。メニューはみそ汁オニギリ*2です。

Tyousyoku_yusou
 両軍兵士は食料を自陣に持ち帰って食べるルールなので、鍋ごと輸送します。赤軍は平地の通路を通って行けばokだけど、山道の黄色軍は大変そうだなぁ……。

Asa_akagunzinti
 朝食中の赤軍陣地。休戦中と言う事で、みんな休んでいます。昨夜からの連戦お疲れ様です。

Tyousyoku_owari
 朝食終了。幹事の巡回を受け、通常戦開始です。
 今回、赤軍はなけなしの軍資金を投入して「伝説の傭兵」を雇用しました。この傭兵さんは開始後十分程度で単騎防衛ラインを突破して、黄色軍陣地に行って来たとか……凄すぎです。
 この動きに押されるように赤軍は一気にGフラッグまで前進して本陣襲撃を狙いますが、Gフラッグ奥に配置された機関銃手を倒せず、十人程度の戦力を集中させながらも膠着してしまいます。

 10時頃、そのままメディック戦に突入。G-E陣地が固いと見たヒガ大隊長は前線をサイゴンバー-C小屋に後退させます。メディック戦では突出は不利と見た黄軍も守備を固め、両軍は十分間ほど静かに睨み合いました。

Medic01Medic02
Medic03Medic04
 ……と、そんな緊迫した風景を他所に、戦場写真をパチリw
 今回は真面目に戦ってたので戦場写真は殆ど撮れず、これが唯一の戦場写真となりました。

 その後、ラジオブース前等で戦闘が繰り広げられました。戦況は一進一退でしたが、黄軍はここで多数の捕虜を得、勝利へと結び付けたようです。

Negi_soutoudaikou
 白熱のメディック戦が終わった11時頃、赤軍大将・総統代行氏と黄軍大将・ペンギン軍曹氏の両軍大将(正確には、どっちも代理なんですが)によるネギ一騎打ちが行われました。

Negi_bodycheck
 両者、レフェリーのMr.アロハのボディチェックを受け……

Negi_ikkiuti
 厳粛な一騎打ちが開催され、赤軍大将が黄軍大将にケツにネギを突っ込まれてゲームセット。黄軍は見事+50pを獲得します。

Negi_akagun
 黄軍大将が幹事を襲撃する等のハプニングもありましたが、昼食と言う事で一時休戦となりました。

10_12tyuusyoku_haisyoku10_12tyuusyoku
 メニューは豆料理。
 今回のサバゲに於ける食事も三度目ですが、相変わらずの美味でした。それにしても、これだけの食事をこれだけの人数に、しかも殆ど行列を作らずにスムーズに出すとは、幹事の実力も底が知れません。

Tyuusyoku_gest
 上のインドアフィールドの方で遊んでいた方々も、特別ゲストとしてこの昼食と軍事法廷に参加。美味しい料理に舌鼓を打っていました。 

Gunpou_syokeimae
 食後、両軍から三名ずつ戦犯が呼び出され、スナイパーにより射殺されました。赤軍からは、間違えてフィールド外から撃ってしまったあ~や。の姉御りゅう氏、そして一生懸命前線指揮を執ったのに「我が軍に英雄は二人も要らないのだよ、フハハハ」と言う悪役のような台詞によって捕えられたヒガ氏の三名が逮捕・拘束されました。

Gunpou_sogekisyu02
 処刑用狙撃手。まるで地球侵略に来た宇宙人の如く冷酷な面構えです。

Gunpou_higaGunpou_ryuu
 処刑台に立つ赤軍戦犯は、みな従容として裁きを受け入れました。ご愁傷様です……。

Gunpou_aroha
Gunpou_kiiro02Gunpoukaigi_kiiroreader
 また、黄軍では早朝に武器商人ブースを空けて寝ていたあろは氏等が処刑されました。こちらも皆さん良い死にっぷりでした。

Gunpou_senpan_s
 また、参加者の義務であるお便りメールの提出をチームメンバーに周知するのを怠った廉で、某チームのリーダーが不確定名「美味しいもの」を食べる羽目に……皆さん、ラジオメールはきっちり書きましょう!

Asa_safety02
 軍法会議終了後、両軍は陣地に復帰。弾抜き通常戦と称して最後のバラ撒き合戦に向かいます。

3p_aka
 そして最後は締めとしてTeam2ch名物三発戦。最後の戦いに向けて赤軍と、

3p_kiiro
 黄軍の精鋭がラジオブース前に集結。距離3mからゲーム開始です。
 この戦いもまた熾烈を極め、突撃する赤軍切り込み隊長あ~や。女史に対して黄軍のあろは氏がドンキーコングばりにドラム缶を投擲。昏倒するあ~や。氏の仇とばかりに斧であろは氏の腹を切り裂く私ことへたれ独兵、そのへたどくも黄軍兵士に射殺されて死亡し、全員フィールドで戦闘終了まで寝転がらされた(自主的に寝転がったとも)挙句に花火が頭上を飛び交うと云う大変な状態でした。正にカオスw

Heikaisiki_pd
 そして、陣地からの撤収と閉会式が行われました。
 先ずは今回の幹事・対戦車猟兵氏によるご挨拶。

Heikaisiki_senka
 その後、両軍のスコアボードを集計しました。

Heikaisiki_pengin
 今回の戦果は赤軍:-900p・黄軍:-500pで、黄軍の大勝利でした。
 ううむ、赤軍はヒガ氏の指揮の下かなり手堅く戦い、従前の赤軍とは一味違うところを見せつけたんですが、成果には余り反映されなかったようです……残念! 来年こそは勝利できるよう頑張りましょう!!

Heikaisiki_saitasensi
 その後、赤軍のアキラ氏に最多戦死賞、

Heikaisiki_mvp
 夜間に到着したのにも関わらず、そのまま料理に奔走して大活躍のプロ調理人・ツインズ兄氏にMVP、

Heikaisiki_kakusyou
 その他、捕虜の取得や演技に光るものが有った人々に賞が配られました。皆さん、おめでとう御座います!

Dsc00927
 こうしてTeam2ch主催の26時間耐久ゲーム「秋の陣the3rd」は事故もなく無事に終了。参加者は家路に付きます。
 フィールドを提供して下さったオーナー様、料理や機材の用意・準備に奔走した支援要員の皆様、そして今回のゲームを仕切って下さった対戦車猟兵氏の皆々様に於かれましては、このような楽しくも大変なゲームを開いて頂き、誠に有難う御座いました。
 また、一緒に遊んで下さいましたTeam2ch参加者の皆様、お疲れ様でした。今後も何とぞ宜しくお願い致します。

 それでは、本日はこの辺にて。

Team2ch 秋の陣the3rd(10/11編)

 本日、我らTEAMさいたまはTeam2ch主催の26時間耐久サバゲ「Team2ch秋の陣the3rd」に参加しました。

 今回の参加者は総勢98名(後方支援専門者含まず)。TEAMさいたまからは、

Ginsama_2
 kuriさんの送迎お疲れ様でしたのシルバー星人氏、

Crown
 昨年に引き続き今年も赤軍武器商人のクラウンさん、

Arohasan
 黄軍武器商人を担当し、残念ながら敵味方になってしまったあろは氏、

Hanseikai_sutotoru
 やっぱり装備のチョイスがおかしい私ことへたれ独兵の計4名が参加させて頂きました。なお、所属チームはあろはさん以外は赤軍となります。

■□□□

Safty01
 今回の舞台はお馴染みスプラッシュ・アウトドア。写真は11日午前11時頃のセーフティ脇駐車場です。開始まで1時間と言う事で、みんな準備に大忙しのようです。

Safty02
  こちらは同時刻のセーフティ。雨で地面や椅子が濡れているのが分かります。この頃まで天候は安定しておらず、雨は降ったり止んだりを繰り返していました。

Safty03
Safty04
 準備完了した参加者達。今回もあくの強い個性派揃いの装備が多いようです。詳しくは近日up予定の「FNG秋03」をご覧下さい。

Furima
 開会式に先立って、フリマが開かれておりました。
 写真の銃は、中華製エアコキ3000円との事。うーむ、素晴らしく怪しいデザインの未来銃ですね。私も是非一挺欲しいなぁw

Uketuke
 そうこうしている内にゲームスタートが迫って来たので、初速の測定と受付が開始されました。メイドさんが受付するサバゲってのもなかなか無いんじゃなかろーか。

Kaikaisiki_nisep
 受付が完了したら、お次はいよいよ開会式です。
 中央には今回の幹事・対戦車猟兵氏ことうざp氏……の代役としてそっくりの服を着た偽p氏が立ち、諸注意を下達します。

Kaikaisiki_kiguntaisyou
 続いて黄軍司令官代理ペンギン軍曹氏、

Kaikaisiki_akaguntaisyou
 赤軍司令官FD-MINIMI氏がそれぞれ演説し、配下の軍の士気を高めました。

□■□□

Honzin_zintisetuei01Honzin_zintisetuei02
 開会式の後、両軍フィールドイン。赤軍はイーストエリア最奥の山の上に本陣を設営します。

Honzin_saitama
 TEAMさいたまの面々も、陣地の端の方に間借りして戦闘準備。
 さいたまスペースには、かの関西24耐の幹事として名を馳せた姉御ことあ~や。女史が来て下さり、色々興味深いお話を伺いました。

Honzin_start
 発電機のトラブルの為、20分ほど遅れてゲーム開始。
 赤軍は作戦参謀を務める総統代行氏指揮の下ミーティングを行い、部隊編成を発表したり、スローガンを発表したり、スローガン発案者・ガーランドの人(だったかな?)氏にフラッシュライトをプレゼントして戦意高揚に努めます……と思ったら、発案者に渡されたのは何とフラッシュライトではなく、ピンクのマスクとサイゴンバーにて単独陽動作戦を行えと云う非情な命令でしたw ひでぇww

 最初のゲームは、通常戦
 普段なら赤軍はスタートダッシュ突撃大作戦でも始めてしまうところなんですが、今回は前線指揮官ヒガ氏の指揮の下、小隊編成で戦線を形成し、寧ろ黄軍をキルゾーンに捉えて撃ちまくります。聞いた話では、この頃黄軍陣地ではトラップ宝箱(開封時、本陣にいたメンバー全員に1ヒット付与!)と相俟って厭戦気分が漂っていたとか居ないとか。

□□■□

Honzin_torable
 その後、全員が一旦本陣に戻ってチーム内弾数制限戦がスタート。
 このゲームはチームに割り当てられた数千発のBB弾をみんなで分配して戦うというルールなのですが、不足分のBB弾を武器商人から購入する事もできます。早速、武器商人と交渉して「ジャンケンに勝ったら1袋5ウザ、負けたら1袋20ウザで購入」と言う運びになったのですが、二回とも負けて一気に資金不足にorz

□□□■

Zinti_yoru_2
 17時頃、弾数制限戦終了。通常戦に移行するのですが、その前に暗くなって来たのでサイリウムを配布します。
 夜戦通常戦ではNV装備の多さと前線指揮所のヒガ氏のお陰で赤軍が優位に立ちますが、再三出撃を制止された大将・FD-MINIMI氏が家出をしてしまうと言うハプニングも……まぁ、1回hitしたら-50点ですからねぇ。参謀が出陣を止めるのも分かる気はしないでもないですがw

Yoru_haisyoku
 19時頃、一時休戦して夕食です。
 調理班の皆様、調理・配食誠に有難う御座いました。

Yoru_curry
 メニューはカレーハム玉子スープと寒い夜には有り難い品揃えでした。ボリュームも有り、大変美味しかったです。御馳走様でした。

Yoru_haikyuu
 また、食後にはおやつも配給されました。

2008101221260920081012212632
 配給食糧、MEETならぬ「NEET」の表紙と中身。昔懐かしい駄菓子が入ってます。
 しかし「ざんねん」って何だ?w 味は普通でしたが……。

Radioboos
 食事中も、ラジオブースは休み無し。スタッフの皆様、お疲れ様です。

■□□□

 その後陣地に戻ってセミオート戦を行い、23時には陣地交換が行われました。去年はvipper襲撃とか軍事慰問団の襲撃とか色々事件(?)が有ったのですが、今年はスムーズに陣地を交換。黄軍がイースト奥に移り、赤軍はウエスト陣地に移行します。
 陣地移動完了後、24時からはエアコキハンドガン戦が開始されました。私も滅多に使わないエアコキワルサーで黄軍の守る稜線ラインに二三回襲撃を掛けましたが、あっさりヒット。この頃から、粘り強さが身上の黄軍の「本気」が発揮され、夜間には頻繁に赤軍本陣を襲撃したそうです。

 まぁ、私はフィールドアウトして寝てましたけどね。
 そんな訳で次回「10/12編」に続きます。

元帥杖管理委員会より、元帥杖更新のお知らせ

 明日の耐久サバゲには新元帥杖を持参します。

Sin_gensuizyou01Sin_gensuizyou02
 今の「挫折禁止標識」は年越しサバゲの際に私が寄贈した奴なんですが、元々憲兵ごっこ用(形が標識棒に似てません?)に買ったので今一つ威厳に欠けると言うかパンピー受けし過ぎると言うか、Team2chっぽさが少ないんですよねー。
 今度の奴は髑髏ヘッドでなかなか毒々しくていい感じです。

Sin_gensuizyou03
 しかも短剣が仕込んで有ったりwww

Sin_gensuizyou04
 短剣の根元部分。接合はネジ式で、刻印は「是寿刀」となっている……髑髏ヘッドで寿ってどーなのよと思わないでもないですがw

大仏開眼

 塗料が乾いたので、マスキングテープを剥がす。

20081009212505
 ぱっと見はなかなかいい感じですが、よく見ると貼りが甘くて少し塗料が沁み込んでいたり。可能な限りマジックやカッターで補修しましたが、まぁ元々局面・凹凸が多いのでどーにもならんな……まぁ、一回限りの投入なら目立たないか。

20081009220713
 ウレタン装甲の方は、全てマジックテープ装着済み。
 ホチキス留めと言う中華でもやらんよーな乱暴な留め方なので、工期は大幅に短縮されたが完成度も低めになってしまいました。しかしまぁ、こっちも一回限りの使用なら何とか持ちますかね。

 さて、すととる様関連の準備は完了。後はサバゲ用の独兵装備のみです。こっちも略帽の徽章縫い取りとか結構沢山有るんだよなぁ。あー忙しい忙しい……。

すととる様リペイント

 仕事帰りにしまちゅーを発見。しまちゅーは自分の家の近所にも有るけど、基本的に家具屋だから何も無いんだよなぁと思ったら、マスキングテープやらマジックテープやら色々山盛りだったので、感動して買い込んで帰る。

 でもって、早速塗装開始。

20081007214014
 マスキングテープ添付。

20081007214331
 スプレーにて塗装。乾いたら開眼式の予定。
 その間、マジックテープをウレタン装甲に取り付ける作業を進める。こっちは手順をオネアミスのロケット打ち上げ並に省略したので、ちょっと楽。順調に進めば金曜日までには完成しそう。

 以上、途中経過でした。

ストームトルーパー経過報告

 休みが取れたので、早速すととる様の改造に着手。

20081006222545
 兎にも角にも全部ウレタンを剥がす。
 無駄にきちんと縫い付けてあって一苦労。その手間、全体のレベルアップに使って欲しかったw

20081006222608
 元の服に付いていたツナギはだぶだぶ過ぎて使えず、代用にしようと思った黒BDUもだぶつきが多くて使えない事が判明したので、伸縮性の強い黒いツナギ、通称「もじもじ君」を購入。\4800-也~。

 その後、近所のホームセンターやら手芸店でベルクロを探すが見つからず。100均でちょっと長めのマジックテープが有ったので購入するが、まだ到底足りない……うーん、渋谷のハンズに行けば有りそうなんだけど、今後24耐までに行く時間があるかなぁ。

8/30ユニオフリンク

 クラウンさんのところで8/30ユニオンオフのレポート・【神の】夏の終わりにt2cオフ@ウニオン【気紛れ】がupされてました。ゲームの流れとかかなり詳しいので是非見て下さい。うちのレポはゲームの結果すら書いてないからなぁw

 あと、何故か今週は死ぬほど忙しく、ストームトルーパーの衣装が全然出来てない。明日も仕事。明後日は回避できるか? どっちにしろマジやべぇ。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ