カテゴリー

フォト

« 『第2次大戦 ドイツ軍装ガイド』 | トップページ | ビクトリーショー20080706 »

コルトSAAキャバルリー

Saa_zenkei
 戦後型騎兵隊装備の定番、コルトSAAキャバルリー、デタッチャブルモデルです。
 赤羽フロンティアで15.5kとなかなか手ごろな値段だったので、思わず購入してしまいました(ホントはカシオペアSAA待ちだったんですが……

Saa_gaskome01
Saa_gasukome02 Saa_gasukome03
 ペガサスシステムなので、ガスの込め方はニューモデルアーミーと同じです。但し、SAAの方はローディングゲートを開けてガスを込めなければなりません。ローディングゲートの動作は滑らかで、なおかつ「かちっ、かちっ」とロックもしっかり掛かります。

Saa_tamagome01
 BB弾の込め方も、ニューモデルアーミーと同じく前から一発づつ込めます。

Saa_tamagome02
 また、エジェクターチューブの根元のバネの隙間にBB弾を6発落し込み、レバーを押して装弾>シリンダー回転>装弾とゆーユニークな装填方法もあります。時々シリンダーを回した時点で弾が落ちる事も有りますが、その場合にはゴムパッキンにちゃんと嵌っていない事が多いので、きちんとレバーで押し込んで下さい。
 シリンダーに6発込めた後、このチューブに予備の6発を落し込んで置けば、計12発が発射可能です。

Uttemita
 準備完了、早速射撃。部屋撃ちなので弾道等は分かりませんでしたが、すっぱーんと良い音がしました。大西部って感じです(何
 初速は三回計って73m/s、66m/s、63m/sでした。赤フロの商品タグには「初速65m/s」と書いてありましたが、概ね妥当な数値のようです。

 最後に、デタッチャブルシリンダーモデルのキモである「シリンダー取り外し」にチャレンジしてみました。
 と云うか、コレを外さずして何のデタッチャブルシリンダーかw

Sirinda01
 先ずベース・スクリューを押し、ベースピンを抜きます。
 ベースピンは若干固いですが、付属の工具を使うとスムーズに抜けます。

Sirinda02
 ハンマーをハーフコックに。
 ちなみにマニュアルにはシリンダー取り外しの際にはガス・BB弾を抜くようにとかなりしつこく書いてありますが、抜かなくても取り外し・取り付けは問題なく出来ます(但し、安全管理は自己責任でお願いします)

Sirinda03
 そして、ローディングゲートを開きます。すると、写真だとちょっと見難いんですが、ハンマーの付け根あたりのノッカーが伸びます。

Sirinda04
 シリンダーを右に抜けば、シリンダー取り外し完了です。

Sirinda_tantai01
Sirinda_tantai02
 シリンダー単体にて撮影。なかなか良く出来ています。
 しかし、何故この機構がピーメに有ってニューモデルアーミーに無いのかw ガスガンの神様は皮肉だ。

Key_mizo
 戻す時にはシリンダーと銃本体のキー溝を合わせるのを忘れないよーに。
 ちなみに、写真は逆ですw

Saa_matome
 とまぁ、こんな感じの手の掛かる銃ですが、コルト&ウィンチェスターのM1873コンビは「西部劇に出て来る騎兵隊」には必須のアイテム。
 次回の西部劇魂ではコレとニューモデルアーミーの二挺拳銃で撃ちまくって来ます。

« 『第2次大戦 ドイツ軍装ガイド』 | トップページ | ビクトリーショー20080706 »

トイガン」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
ブラミー一家のサムです・・普通にサムと名乗れるようになったのがコワイです(^^)

で、来る8月9日(土)12:00より、所沢ブラムでピーメ練習会をしますので、宜しかったらご参加くださいマセ。
詳しくはHPをみてやってくださいませ
m(__)m

サム・ブラミー様>
 お誘い誠に有難う御座います。
 是非参加させて頂きたく思います。
 早速bbsの方に書き込みをさせて頂きましたので、宜しくご処置のほど、お願い致します。

 向こうで書きましたニュー・モデル・アーミー使ってもいいでしょうか? の要望は本当に「できたらいいなぁ」程度の希望ですので、練習会の趣旨に合わないようでしたらご遠慮なくお申し付け下さい。

 それでは。

あちらにも書きましたが・・・
ニューモデルアーミー大歓迎であります!
当日、お待ちしております!

 ニューモデルアーミーの使用を御許可頂き、誠に有難う御座います。
 これで日頃使えなかった二つのペガサスリボルバーもやっと日の目を見られます。
 当日はよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/22071462

この記事へのトラックバック一覧です: コルトSAAキャバルリー:

« 『第2次大戦 ドイツ軍装ガイド』 | トップページ | ビクトリーショー20080706 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ