カテゴリー

フォト

« 1872年式米国陸軍制服 | トップページ | R85A1(その2) »

R85A1(その1)

L85_zenkei
 「最近のL85はピスクラしませんよ」と言う噂を某スレで聞き、かねて迷っていたL85ことArmyArmament製電動ガンR85A1を購入。

L85_soutyaku
 早速キャリングハンドルやらフロントサイトやらスリングやらを付けてみる。うむ、なかなかいい外観。

Dsc00538
 R85にはラージバッテリー相当のバッテリーが付属。怪しい出来だが、試射には問題無かろうと充電・接続。バッテリーの格納場所はハンドガードの下で、左右二分割のプラ製ハンドガードを外して入れる。

  早速空撃ちしてみると、なかなか良いブローバック。セミもフルも好調に動作し……あれ、五発位撃ったら動かなくなっちゃったorz

Dsc00539
 テイクダウンして各部をチェック。ついでにノズルやピストンに穴が開いていないか確認するが、こちらは綺麗なモノ。事前情報通り、ちゃんとした出品者さんみたいなんですが……。

L85_huzu
 問題はヒューズでした。中華製の安い奴だからすぐに壊れちゃったんでしょうか。うん、きっとそうです間違いないと信じて、近所のオートバックスで20Aのヒューズを買って来る。

20080727145904
 よし、これなら……まぁ、根本的な原因を解決してないんだから上手く行くわけないですなw
 今度はヒューズはなかなか切れないが、スイッチ付近でショート発生。バッテリーも過熱し、皮膜が溶け出す始末。

 先方とも連絡を取って見るが、先方も内部の整備には自信が有るらしく、バッテリーの問題ではないかと言って来た。仕方がないのでわざわざ先方指定のニッ水9.6vバッテリーを購入して試してみると……。

その2に続く)

« 1872年式米国陸軍制服 | トップページ | R85A1(その2) »

トイガン」カテゴリの記事

コメント

これかなり危険な状態と思う。
アタシも欲しいのだが・・・

 いやホント、中身を自分で弄れない私が中華電動ガンを買うなんて、思い上がりも甚だしかったです。反省してます。

>アタシも欲しいのだが・・・
 治ったら今度持って行きますので、見て判断して下さい。見た目は最高です。見た目は。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/22583714

この記事へのトラックバック一覧です: R85A1(その1):

« 1872年式米国陸軍制服 | トップページ | R85A1(その2) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ