カテゴリー

フォト

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

前回の反省と今後の展望

Vs03_2
 と言う訳で、今回の反省~。

 何はともあれ、水タンクだけは必須ですね。あと、椅子も忘れないようにしないと。ビレッジ1さんはトイレも無ければ水道も無い、と言う結構スパルタンな造りなので、他の千葉のフィールド、例えばユニオンとかデザユニとか、シマックスとかNo.9etcの、水道どころか自販機・日除けまで設置されてるフィールドに慣れてしまうと、ちょいと痛い目を見ます(非難しているわけではなく、それでエントリーフィーを安く抑えているので仕方が無いと言うか寧ろ歓迎と言うか)

 装備面では、矢張りコルトSAAキャバルリーの購入でしょうか。KTWウィンチェスター程じゃないですが、かなりいい感じに弾が飛んでいて羨ましかったです。
 でも、噂ではデタッチャブルシリンダーになってからがっくり命中精度が下がったそうなので、その辺を期待して買うのは微妙かも。
 もう一つの問題はホルスターなんですが、これは何だか武○屋さんで仕入れるような仕入れないような話をしていたので、少なくともニューモデルアーミーの時みたいに右往左往しなくても良さそうです。尤も、買ってから「サイズが合わない!」と言うのは良くある話なので、油断はできませんが。

 あとは、矢張り騎兵隊のベルトバックル胴乱です。武○屋の人は、「ウチで売ってますよ」みたいな話をしてましたが……店頭で見た事ないんですよねorz バックルもちょっと前にヤフオクで逃して以降見掛けないし、困ったものです。

 その他の小道具としては、スキットル(金属製の角型ボトル。よく西部劇でポケットに入れてるアレ)なんか良さそうです。こう、ジュースでも入れてフィールドでぐいっとw

 色々夢は膨らみます。

韮山笠

Nirayamagasa
 先日の西部劇サバゲで、幕末軍装には欠かせない韮山笠のレプリカを購入。\3000-也。
 これで、秋の陣SCの時みたいな「何だか妙で地味な格好の人」扱いではなく、官軍(少なくとも、幕末軍装)と分かって貰えるようになる筈です。次の24耐辺りの夜間装備に持って行こうかと<懲りない奴

Nirayamagasa2
 中もちゃんと赤くなっていて良いんですが、ヘルメットで言うところのインナーに当たるモノが無いので、普通に歩いていても若干動き、激しく動いたら吹っ飛んでしまうそうなのが難点です。市販の笠みたいに中に手ぬぐいでも縫いつけるのも良いかも知れませんが、そうすると韮山笠の特徴である、折り畳んで運べると言うギミックを殺しちゃうんですよねー。
 先日のストームトルーパーヘルメットもそうですが、コスプレサバゲ道はなかなか長く険しいようです。

西部劇魂02

 昨日の記事の続きです。本日は朝食から。

Mame
 昼食は基本的には自弁なのですが、2ビレッジ・ドルを支払う事により豆のスープを食べる事が出来ました。分厚いベーコン入りの豪華な食事です。やっぱ兵隊と言えば来る日も来る日も豆料理(;;)だよな!

Tramp01Tramp02
 昼休みには、ビレッジ・ドルを賭けてポーカーやブラックジャック。ツキまくって一財産稼いだ人もいれば、早速銀行に行ってお金を借りて来る人も……。

Vs02
 昼食後、クイックドロウトーナメントが開催されました(画像をクリックすると動画が再生されます)

Vs04
 その際、雰囲気を出す為に花火が焚かれたました。お陰で硝煙漂うウェスタンが見事に再現されたのですが、なかにはこんなハプニングも……。

Vs01
 皆さんかなりの腕前で、私なんか相手にもならない早撃ちばかりでしたが、中でも凄かったのが女ガンマン「皆殺しのメロディ」さん。某オセ○ットのモーションを取った早撃ち芸人さんのお弟子さんとの事だけあって、抜くのも早いしガン捌きも堂に入っていました。

▼▽▼▽▼

 さて、クイックドロウ対決の顛末は今後ビレッジ1には頒布される予定の本格DVDの方に期待して貰うとして、こちらは次のサバゲに移ります。
 次のゲームは、要塞に立て篭もった七人の用心棒を残り全員で攻撃する「荒野の七人」ゲームです。まず最初に立て篭もったのは、何故かならず者の集団で、それを保安官やら北軍兵士やらで襲撃します……気分は愚連隊w みんなでわざとヤサグレた感じで出動です。
 そして7人側の圧勝orz

Bougyo_bank
 次のゲームでは、北軍や保安官が立て籠る側に回りました。
 よーし、今回は粘り強く守ってやるぞ、と思いきや、凄まじい腕前の黒服保安官が現れ、見事なファニングであっと言う間に三人を射殺! それを契機に攻撃側に接近され、砦は敢え無く陥落(とほほ

 その後、まだ用心棒役や立て篭もり側に入っていない人を集めてもう一度「荒野の七人」ゲームを行った後、いよいよ「西部劇魂」メーンエベント(?)、バトルロイヤルが始まります。

Batorowa
  このゲームは、まず中央に集まり、10カウントの内にフィールドに散開。そしてゲーム開始と共に撃ち合い、倒した相手からビレッジ・ドルを1枚奪うと言うものです。なお、倒された相手は教会で祈りを捧げ、復活します。

 こうしたバトルロイヤルでは、どこか地の利のいい場所に立て篭もって、遠方からスナイプすると言う玉無し野郎もとい慎重な戦い方が有利になりがちですが、今回は相手のところまで行って1ドルを貰わないと勝った意味が無く、下手をすると横取りされかねないので、どうしても相手に近付いて撃たなければならず、非常に白熱した戦いが繰り広げられました。

▼▽▼▽▼

 そして、15:00。終了の合図でゲームは終了。参加者は本日の「アガリ」を銀行に預け、帰宅の途につきます。この預金は、何と次回にも持ち越されるとか……次回の予定は9/18(金)前夜祭・ 9/19(土)本戦開催との事。どうですTEAMさいたま&Team2chの皆さん、次回はみんなで行ってみませんか? 先着一名様には、今回私が稼いだ1$をプレゼントします(ぉ

Last_2
 こうして、「西部劇魂」は無事終了。危ぶまれていた天候も終了のギリギリまで持ち、丁度参加者が帰った頃に大降りに……正に天佑神助です。

 最後になりましたが、主催者のパトスプロジェクト様、御参加の皆様、 フィールドマスター様、本日は楽しいゲームを開催して頂き誠に有難う御座いました。若輩者ではございますが、今後も色々勉強したり、装備の充実等を図ってまいりますので、何卒宜しくお願い致します。

西部劇魂01

 実は先週末、こっそり一人で「西部劇魂」に参加して来ました。他のチームさいたまのメンバーに声を掛ける事も考えたんですが、やっぱり自分の我儘に付き合わせちゃ悪いですしね。

Iriguchi
 当日の降水確率は、週間予想で80%とかなり高く、一時は開催を危ぶまれましたが、当日になってみれば見事な快晴でした。

 開催フィールドはビレッジ1さん。このフィールドは初めての参加なんですが、一つのフィールドに様々なシチュエーションが盛り込まれていて面白かったです。例を挙げると、

Field01Field04
 ジャングル的な部分や、

Field03
Zangou01
 ベトナム戦争を想起させるバンカー、

Yousai
 巧妙に偽装された砦等……千葉にフィールドは数有れど、戦場っぽいと言う点ではビレッジ1が最強か知れませんね。

 また、今回は特に西部劇と言う事で、

Bell
 酒場風の入口(ベル付きw)やら、

Basya
 フィールドを縦横に駆け巡る幌馬車

Kyoukai
 西部の町には欠かせない教会&墓場

Water
 「飲めません」の看板(いやまぁ、実際に飲む人は居ないでしょうから、実際には水に注意くらいの意味なんでしょうけど(^^;))やら、

Bar_3
 セーフティ脇に設けられたバー風の受付etcetc、非常に凝った大道具が用意されていました。こんなにしちゃって、次の定例とかどーするんですか?! と言うくらいの勢いです。

Vdoll
 参加者には、職業に応じたビレッジドルが支給されます。確か最高が40$で、最低は農民・インディアンの4$でした。ちなみに、我ら北軍兵士&騎兵隊は、南北戦争後の軍縮の煽りを受けてたったの10$でした(騎兵隊三部作とかによると、実際も13$だったらしいです)

Safty01
 勿論、参加者も負けてはいません。

Ktw10
 先ず、某武○屋様よりKTWウィンチェスター10挺が、貸出用に提供されました。こんなにウィンチェスターが揃ったところなんて、生まれて初めて見ました。

Hokugun
 その武○屋の皆さんは、本格的な北軍装備で参戦。指揮官殿の号令一下、戦列を組んで一斉射撃なんてシーンもありました。
 私も戦後型騎兵隊とはいえ一応北軍なので、ご一緒させて頂きましたが、リエナクトの経験が無くてなかなか動作を合わせられませんでした。ご迷惑をお掛けして申し訳有りませんでしたorz

Nangun
 北軍に対抗して南軍も参戦! いやはや、サバゲフィールドで南軍を見掛けるなんて生まれて初めてです。

Tanpatu
 また、こちらの南軍の方は先込め式のガスガンを持って来られてました。さしずめフリントロック式小銃ってところでしょうか?

Indian_3
 こちらは西部劇の一方の主役、インディアン
 ウォーボンネットの画像自体はそれこそミリブロの方で拝見していたのですが、風を受けて膨らむ実物のボンネットの迫力はまた別格でした。

Zyuuzika
 十字架型ガンラックと牧師様。カメラを向けるとそれらしいポーズを取ってくれる気さくな聖職者でした。
 また、このガンラックはなかなか本格的で、この日は結構風が強かったんですが、全く倒れませんでした。

Gold
 西部劇の必須アイテム、金の延べ棒を持参された方も。この金を巡って、どれほどの血が流された事か……勿論、材質はスポンジですがw

▼▽▼▽▼

 10:30、全員の準備完了と共に開会式が行われ、西部の男達による祝砲が鳴り響きます。うーん、私もモデルガン(と言っても、モーゼルですが)を持って来れば良かった。

Seibugekidamasii_burami01
 そして、ゲーム開始。最初は↑のならず者一家「ブラミー一家」が奥の塹壕(フラッグを立てられるところ)に立て篭もり、それを保安官・軍人・自警団チームが討伐に行くと言う設定です。

Kougeki_armys
 保安官の指揮の下、フィールドに乗り込む討伐隊。

 ……しかし、残念ながら第一次攻撃は失敗。仕切り直した二回目の攻撃でどうにか攻略に成功します。やってみて分かったのは、兎に角てっぽーが当たらない! と言う事。電動ガンのつもりで遠方からぽつぽつ撃っていては、全く当たりません。此処は矢張り西部の男らしくどーんと前に行って撃ちまくるのが良いようです。

Bougyo
 要塞攻略に成功したので、今度は防御側でゲームスタート。前衛陣地に取り付き、ライフルをぶっ放してます。

Bougyo02
 私は歩兵さんと陣地防御。奥の砦の上には、南軍の姿も。

 この戦いではウィンチェスター10挺が投入され、弾の切れたウィンチェスターをとっかえひっかえして撃つ戦術が使用されました。
 私は丁度ニューモデルアーミーとウィンチェスターのユーザーだった事から、弾込め係に。最初は「工エエェェ(´д`)ェェエエ工工、弾込め係かよ!」って感じだったんですが、ほいほい銃を渡している間に妙に楽しくなって来て、次は

Magcase

↑のマガジンケースでも自作して行こうかと思うくらいに嵌ってましたw

 こうした私の努力が実ったのでしょうか、我ら政府軍は一回はならず者軍団の攻撃を撃退する事に成功しました……二回目は、上手く迂回されて側面攻撃を受けてやられてしまいましたが(TT

▼▽▼▽▼

 その後、いよいよ昼食です。昼食とそれに続く昼休みにも色々有ったのですが、長くなって参りましたので続きは次回と言う事で。

すととる様

20080522235046_2
 前回のデザユニ夜戦オフの際、猟兵様より逸物の兜を頂戴致しました。
 大変有り難い贈り物だったので、御祀りして拝んでみました。

 ……別に夜中にこっちをじっと見つめているのがちょっと怖かったからではないですよ?

20080522234949_2
 材質は軟質プラスチックでしょうか。左のセルロイド製のお面とは頑丈さが段違いです。
 これで入口がもう少し広くて、眼鏡を掛けたまま被れたら最高なんですが……ちょっと頑張って改造して見ましょうかね。それだけの価値はある品です。

今回の装備

Kantaiseihuku
 今回はスタートレックの宇宙艦隊士官の制服でした。久々にSF気分を堪能出来て面白かったんですが、黄色チームに配属された為に肝心の赤服は着用出来ず、ちょっとがっかり。

 ゲーム中に何回か「そんな服どこで売ってるの?」と言う質問を頂いたのですが……ずばり、「アルテアモデル」アパレル関係品のコーナーで買えます。
 他にも、パーティ衣裳を取り扱っているアカムスと言うネットショップでも購入出来ますが、こちらは何分例のストームトルーパーのお店なので、お勧めは致しかねます(==;

 あ、ちなみにハゲヅラはとまり木さんで購入しました。無理な納期にも応じて頂ける結構なお店ですので、ハゲヅラをお求めの際には是非こちらのお店でお探し下さい(ぉ

 さて、次はどんな方向で装備を拡張したものか。
 矢張り突撃用にバトラフか? 流石にコレを振り回したら洒落にならんので、段ボールかライオンボードにアルミホイルでも巻いてそれっぽく仕上げて見ますかね……。

FNG@デザユニ夜戦

Stanby
 恒例のFNGですが……正直、こんな夜中までサバゲをやってる参加者48人全員がFNGなんじゃないかと思いますが、敢えて挙げるとすればこの人でしょう。

Kaizi
 26耐久では、ジパングコスやのらくろで注目を集めた船務長さん。
 今回は海上自衛隊スタイルで参加です。
 船務長とは食事の直前に2on2スタイルのハンドガン戦でお手合わせを頂いたのですが、非常に上手く、へたれな私如きでは全く歯が立ちませんでした(TT
 コスプレの達者もゲームの達者も多いのですが、両者を備えた達者はなかなか居りません。流石は船務長です。

Ww2army
 打って変って陽気な二次大戦装備の米兵。ドイツ兵の死体からルガーを奪って大満足の様です。「呪いのルガー」でなければ良いのですが……。
 まぁそれは兎も角、次回は私もww2独軍スタイルで行きます(予定)ので、是非対戦しましょう。アメリカーナなんかに負けないぞ!

■□■□■

 あ、しまった。イクサカリバーの写真撮り忘れたorz

t2cデザユニ夜オフの動画

 当日の様子がyoutubeにupされたので、ご紹介させて頂きます。
 暗視カメラまで使ってなかなか本格的です。

t2cデザユニ夜オフ2

Takidashitai
 日付が変わる頃、有志炊き出し隊によるカレーとお味噌汁が振舞われました。またデザートユニオンのご厚意により、トマトと胡瓜が支給されました。

Curry
 どれも大変美味でした。炊き出し隊の皆様、ユニオン管理人様、御馳走様でした。

Sasiire
 その他、うまい棒等の差し入れも多数あり、デザート代わりに楽しませて頂きました。こちらも御馳走様でした。

Zyouzai
 食後、バッズさんによる決死の浄財托鉢作戦が敢行され、多くの寄付が集まりました。私も手持ちの小銭をじゃらじゃらっと全部放り込んで来ました。毎回持ち出しが多い炊き出し隊の方々の一助になれば幸いです。

■□■□■

 夜食後は、復活戦を行いました。これは、戦死者はセーフティに戻って青い発光リングを付けてフィールドに戻り、青リングが尽きた時点で殲滅戦となる変則ルールのゲームです。

Pasta
 そして何故かフィールドの中央でパスタが作られるw
 砂漠でパスタを茹でるなんてww2のイタリア兵だけだと思っていたら、現代日本にも飛んだ愚連隊が居たものです(尤も、あれは伝説らしいですがw)

■□■□■

 復活戦も終わって夜空がうっすらと白くなって来た頃に、遂に幹事より立て篭もり戦の開催が宣言されました。
 立て篭もり好きな私もすぐに立候補し、クラウンさんを含む7名がマリオ城に移動し、白いフラッグを守ります。
 今回、立て篭もり側は兆弾を避けて生存性を高める配置を研究し、私もフラッグの保持と中央付近でのプローンを命ぜられました。本当は胸壁に取りついてひゃっはーとか言いながら撃ちまくりたかったんですが、フラッグの守備を命ぜられては仕方が有りません。実際マリオ城は粘り強く抗戦し、私も終盤に船務長さんが飛び込んで来るまで残ってましたし、死に易いと評判のマリオ城としては健闘した方じゃないかと。

Akegata_2
 さて、最後はいよいよ恒例の三発戦です。

Sanpatu_2
 黄色軍、突撃準備よーし!

Sanpatu02
 進めー! ってな感じで、三発戦は黄色軍が圧勝してました。赤軍も戦車を中心に縦横無尽に動いていたんですが、逆にそれがあだになってしまったのでしょうか、最後は黄色がわらわら出て来て赤軍を狩ると言うこれまでに無い展開にw
 ……私?   私は戦車に日本刀で挑んだんですが、随伴歩兵に狩られて速効戦死でした(^^;

■□■□■

Otukare
 こうして夜戦オフは大きな怪我人も無く無事終了。参加者は眠い目を擦りながら帰宅します。御参加の皆様、お疲れ様でした。
 また、FD-MINIMIさんに於かれましては、楽しいゲームを企画して頂き誠に有難う御座いました。炊き出し隊他の支援者の皆様のご活躍と併せて、厚くお礼申し上げます。

Team2chデザートユニオン夜戦off01

 去る5/17(土)夜半~5/18(日)早朝に掛けて、我らTEAMさいたまはTeam2ch主催の「5/17デザートユニオン夜戦オフ」に参加しました。

Kanzi
 今回の幹事はFD-MINIMIさん。デザユニ初体験なのに幹事をやっちゃう剛の者です。本日は参加を御許可頂き誠に有難う御座いました。

 今回の参加者は、夜戦としては異例の総勢48名の大部隊で、TEAMさいたまからは、

Clown
夜戦大好きクラウン伍長殿を筆頭に、

Hantyosan
怪我をしたりステアーのグリップを折ってしまったりと最近不幸続きのはんちょーさん

Akegata_saitama
はんちょーさんの友人で今回がTeam2chオフ初参加の豆腐屋さん

20080510200449
そして私ことへたれ独兵の計4名が参加しました。

 フィールドは、以前にもTeam2chオフにて使用した「デザートユニオン」さんです。詳しいフィールド解説は前回のレポートをご覧戴くとして、今回は大まかな遠景のみを掲載し、雰囲気を掴んで戴く事にしましょう。

Union01Union02
 ちなみに夜間には、セーフティ入口のスロープを照らすライトと、中央のマリオ城の投光器、たけし城内部の蛍光灯のみとなります。これだけ光が有ると決して暗くはないのですが、地形に濃い陰影が付き、なかなかスリルのあるフィールドになります。

■□■□■

Safety02Safety03Safety01
  18:30頃。いよいよ各チームが集まり、セーフティも埋まって来ました。

Guns01Guns02
 こちらはセーフティ脇のガンラック。相変わらず特徴的な鉄砲が勢揃いです。

Dansoku
 TEAMさいたまはMINIMI幹事より弾速測定の任を受け、勇躍此れに当たります。夜間に弾速計が動作するかどうか不安だったのですが、デザートユニオン備え付けの夜間用弾速計は非常に優秀で、遅滞なくチェックを完了しました。
 弾速チェックをしていて気が付いたんですが、矢張り夜戦と言う事でフルオートトレーサーを持参の方が目立ちましたね。中には、ショットガンに自作のトレーサーを付けて来られた方も。

Mosinnagan
 また、デザートユニオンの開けた地形を考慮してか、狙撃銃も多かったですね。特にモシンナガンは格好良かったです。気分はワシリー・ザイチェフであります。

Minigun
 弾は出ませんが、ミニガンまで……。

Ansi
 こちらは本格的な暗視ゴーグル。双眼鏡タイプのモノを覗かせて頂いたのですが、 真昼のように良く見えました。

■□■□■

 弾速測定後、MINIMIさんによるルール説明、チーム分け、フィールド説明等が行われました。TEAMさいたまは黄色チームに割り振られましたが、特濃コテハン認定を受けたクラウンさんは赤チームにスカウトされて行きましたw

 開会式が終わると、いよいよゲーム開始です。最初は、通常のフラッグ戦が行われました。
 双方共に手探りで戦術を試す中、黄色チームはたけし城に立て篭もり、サーチライトさながらにハンドライトでフィールドを照らし、動くものを見れば即射殺の立て篭もり作戦を実施。でもどう見ても味方を誤射した数の方が多いです、黄色の皆さん済みませんでしたorz 最後は赤軍の壮烈な突撃でフラッグが点灯、悪の巨大要塞は陥落しましたw(なお、ハンドライトでの照射は目を傷める危険性がある為ルールで禁止されています。以後は実施しないようにとの注意がありました。今後夜戦をする時には注意しましょう>特に作戦立案者の自分。

 その後、フラッグを入れ替えて数戦が行われたのですが、その際はんちょさんが排水用の溝に足を取られて転倒すると言うハプニングが発生。幸いにして怪我の方は大したことが無かったのですが、ステアーのスコープやグリップが破損してしまいました……ご愁傷様です。

 そして日付が変わる頃、ハンドガン戦を裏表二戦実施しました。
 こちらのゲームでは、豆腐屋さんが二挺デザートイーグルで撃ちまくってました。この日は若干冷え気味で、私のVP-70も時々愚図ったりしてガスガンにはちょっと辛い日だったのですが、Yさんは自作の保温機(と言っても、保温バッグにホッカイロを詰めた、非常にシンプルなものですが)でフォローし、なかなかに活躍していた模様です。
 私? わたしゃーXM-8(初速30m/s、飛距離10m?)でハンドガンと真正面から打ち合って即死でしたよ、ええw

 以上で17日の部は終了。その後はTeam2ch名物の炊き出し夜食となるのですが、その辺はまた次回と言う事で。

6mmモーゼル・ミリタリー

 L.A.ガンショップのblogに静岡ホビーショーのレポートがupされてますね。
 で、マルシンがブローバック版モーゼル・ミリタリーの6mmバージョンを検討していると読んで吃驚。

 ……そしてそれがショートバージョンと聞いて二度吃驚。
 どーしてマルシンさんは何時もちょっとズレたラインナップなんだろーかw 或いは、ニコイチすると6mmのノーマルバレルになるのか? うーん、もう何が何やら。

続きを読む "6mmモーゼル・ミリタリー" »

Team2ch非電動ガンOFF

 クラウンさんの「減速できません」にて、前回のサバゲのレポートがupされました。

【弾さえ有れば】電動ガンof The Dead in No.9【何時でも撃てる】

 各ゲーム毎の流れ、フィールドの分析、ネタ等が紹介されています。
 上手い具合に私も載ってますw

アルカナ・コレクション

 レポのupに備えてkoolに模様替えしちゃったんだぜ。

 でも、ブログパーツ「アルカナ・コレクション」を追加したのですっかり台無しなんだぜ。

 ちなみに、ココログ管理画面の「簡単設置」etcのボタンは全部ブラフです。設置するには向こうのサイトで右上のMenuから「Arcana Tool設定」に入り、htmlソースをコピーしてココログ管理画面に戻り、「マイリスト」の項目「メモ」を選び、メモ欄にソースを貼り付けなければならない。
 ぶっちゃけめんどいが、ココログってのは昔からユーザーの創意工夫に対して不親切なので仕方が無い。

 しかしどーでもいいがみんな強過ぎw
 自分に近いレベルのキャラでないと勝てないんだけど、レベル一桁なんて今時殆ど居ない……どないせーと。

宇宙艦隊の制服

Dsc00381
 長らく買おう買おうと思って踏ん切りが付かなかった赤服を購入。ちなみに赤服はピカード艦長、ライカー副長なんかの指揮を執るクルーが着る奴で、私がBBジャングルoffに着て行った黄色い服は、保安部員や機関部員の制服です。やっぱ銃を執るなら保安部員でしょ?

Dsc00383
 と言ってもまぁ、黄色ばかりだとチーム分けに困るので、次の夜戦で使用するのを良い機会として赤服も買っちゃいました。
 本当は黄服と同じく標準版が欲しかったのですが、品切れとの事で廉価版に。

Dsc00391
 今回購入した赤服はLサイズ。
 右の黄服はMなんですが、ワンサイズ違うだけで随分丈が違うなw
 その癖、袖の長さは一緒だし……アメリカ人の考える事はわからん。

St_kiziperai
 生地を拡大。廉価版だけに非常に薄く、写真では分かりませんが若干向こう側が透けて見えます。下着の色に気を付けた方が良いかも知れませんw
 ただ、襟元だけは中にウレタンでも仕込んでいるのかしっかりしているので、襟がへろへろになってしまうような事は無さそうです。

St_back
 廉価版と標準版の違いは、上で挙げた生地の違い以外にも、背中のファスナーの違いにも表れています。 尤も、これは赤服の方が着易くて良いような気もしますが。

Comlink_sisyuuComlink_bazzi
 通信徽章は、左の廉価版は刺繍、右の標準版は金属製バッジと大きく差を付けています。やっぱりトレッキーならこのバッジを叩いて通信したいですよねぇ。

St_kaikyuusyou
 徽章と合わせて、階級章も布製のアイロンプリントにorz
 あ、上のカードはサービス券らしいです。一定の枚数を貯めると何か貰えるらしいです。むぅ、次は青服(ドクターや科学士官用)を買えと?w

Dsc00389
 あと、廉価版は一度着るとこれでもかと言うくらいに解れます。サバゲが終わったら総点検だな。

St_kisyou_tuke
 とか何とか言いつつ、やっぱりピカード艦長の制服が着られて嬉しいのも事実。早速標準版に付いていた階級章を移植し、星4つ=ピカード艦長に変身。お陰で黄服は一気にチーフ・オブライエンまで階級が下がってしまったが気にしないw いや寧ろアイルランド魂を見せてやれ!

騎兵隊帽章

20080510200517

 西部劇の騎兵隊と言えば、ズボンの黄色いライン黄色いスカーフ、そして帽子に戴く交差したサーベルを模した部隊章なんですが、前二つは手芸店クラフトハートトーカイで揃ったものの、帽章だけはどうにもなりません。
 唯一の希望は武器屋さんですが、前回のNo.9オフの帰りに立ち寄った際にも陳列されて居らず、HPの通販フォームも死んでおり、どうにも動きようが有りません。

 奥の手としては、フォトショで書いてアイロンプリントの出来るプリント用紙で自作すると言う作戦が有るのですが、しかしながらこの方式だと如何にも立体感が無く、恐らく余り目立たないものと思われます。それじゃ、「誰にでも分かって頂ける騎兵隊」にはならないんですよねぇ。

 そんなこんなで悩みつつwebを徘徊していたら、米軍専門店の丸金衣料さんで、礼装の襟に付けると思しき徽章を発見。サイズも4cmと大き目で、何よりこれだけ金ピカなら絶対に目立ちます(ぉ
 と言う訳で、早速注文、装着してみました。

20080510200449
 うむ、いい感じに目立つw

20080510200223
 アップにするとこんな感じです。
 実物は真鍮製らしいんですが、装着率は低く、自己顕示欲の強い騎兵でも60%程度だったとか。アメリカ軍は今も昔もラフですなぁ。

 さて、これで後は階級章のみです。幹部なら肩に付けるヤツだし、下士官なら腕に付けるシェブロン型なんですが……さーてどうしたものですかね。

騎兵隊DVD祭り

 騎兵隊装備を揃える以上、南北戦争関連ばかりではなく西部劇も押さえておかねばと思い、ジョン・フォード監督の騎兵隊三部作「アパッチ砦」・「黄色いリボン」・「リオ・グランデの砦」に手を出してみました。

20080505172504
 ……全部著作権切れの500円DVDなのは御愛嬌w
 この500円DVD、画質はそれなりなんですが全部字幕になってまして、吹き替え好きとしてはちょっと残念です。

 内容の方は、どれも騎兵隊は永遠だ!って感じで、海兵隊モノの走りみたいな感じでした。海兵隊と違って既に「歴史」になってる分、こっちの方が底抜けに明るくて面白かったです。きゃーばりー、きゃばーりー♪ なんたらかんたらゆーえすきゃーばりー♪(適当
 インディアンももっと極悪に描かれてるのかと思いきや、交渉の余地は十分にあるキャラクター(黄色いリボンでは遂に戦闘を交えなかったし)になってるし、昔の作品ながら十分鑑賞に耐えるものでした。偶にアメリカ人の海外での軍事活動を西部劇の騎兵隊とインディアンに準えて揶揄する批評家が居ますが、あーゆー人はちゃんと西部劇見てるのかしらん。

 ちなみにこの三部作、アパッチ砦が1948年製作、黄色いリボンが1949年製作、リオ・グランデの砦が1950年製作と並んでるんですが、何故か真ん中の黄色いリボンだけがカラー作品。あれ? 普通ならリオ・グランデ辺りがカラーになるんじゃないの? いやー、洋画って本当に不思議ですね。それでは皆さん、サイナラ、サイナラ……
 

ルガーP-08

P08_zenkei
 連休と言う事で、前回のサバゲではんちょーさんから頂いたエアコキ式P-08で遊んでました。

P08_yakkyou
P08_tamagome
  ライブカートなんで、弾込めからスタートです。薬莢の中にパッキンがあるので、そこにBB弾を押し込みます。弾はスムーズに入ります。

P08_mag
 マガジンに薬莢を装填。弾は6発入ります。

P08_kokikoki
 今、手のひらで押さえているトグルの部分を押し込み、蓄気します。  丁寧に、かつ素早くやらないと、マガジンからカートが飛び出してくるので注意w 沢山薬莢を貰ったとはいえ絶版品ですから、無くすわけには行きません。
 さて、これでやっと射撃準備良しです。↓に迫力の発射シーン動画を置いておいたので、存分に堪能して下さい。

発射動画

 ……ちなみに、初速は確かNo.9で計った時には12m/sとか13m/sだったような気がしますw
 まぁ、この手の銃はアクションを楽しむものなので、初速の低さとかはどーでもいいんですけどね。そう言う意味では、部屋の中でパチパチやって楽しむには最適の銃だと思います。連休中はとっくり弄って楽しむ予定です。

2008/05/05補足
 初速は36m/sだったとの証言あり。
 入手時は68m/sだったとも。
 意外とパワフル?

デザイン変更

 アクセスも一段落したと思うので、また例によって自分の好みにデザインを変更します。

新デザイン
 すっかり暑くなって来たので、ささきむつみの「夏の泉」にしてみました。ちなみに、上の絵は日中と夜間で変わるそうなので、暇な人はまぁ見てって下さい。

 いやー、昔のココログと言えばシンプルなものかさもなくば女性向のデザインしかなかったのに、こんな私向けのデザインを作ってくれるとは、大変結構……例えささきむつみが既にオタ的には枯れ気味の絵師だったとしてもw

 今回のオタク祭りは次のデザユニ開戦までの予定です。

ガスマスクケース

Dsc00367
 サムズミリタリア製ガスマスクケース、買っちゃいました。
 こんなんでも1万円オーバーなんだから、ドイツ装備は恐ろしい。もしも結婚してたら間違いなく嫁さんはブチ切れ金剛です。まぁ、結婚してないし予定もないんで大丈夫ですが。

Dsc00372
 先ずは外観。「やりたいけど、これをやったら絶対に元が取れない!」と2ch某スレで板金屋さんが嘆いていた波状の側面も見事に再現されています。

Dsc00370
 蓋は、ストラップを引っ張って留め金を外して開けます。1942年以降に支給されたタイプですね。

Dsc00368
 中を開けると……臭い。いやマジで、物凄くシンナー臭いんです。乾きにくい所を、頑張って塗ったんだろうなぁ。
 ケースの底の方に行くと、塗られてない部分もありますが御愛嬌w

Dsc00369
 蓋裏の、予備レンズ格納部分も再現。

Dsc00371
 装備する際には、上のストラップを肩にかけて首を通し、下のストラップの金具をベルトに引っ掛けて固定します。早く他の装備と組み合わせて装備してみたいです。

 以上、サムズ製レプリカガスマスクケースの紹介でした。
 ちなみに、中身は勿論空っぽです。
 さてさて、何を入れて携行しようか。

未来銃再び

 次回は夜戦なので、目立つスタートレック装備で行きます。

 また、前回のサバゲの帰りにアメ横に立ち寄り、スタトレ装備に合わせた銃器もバッチリ購入して来ました。

Dsc00358
 その名も、中華製xm-8! 駄菓子屋の問屋風のお店で735円でしたw

Dsc00361
 以前持っていたxm-8(モケイパドックにて19,800円で購入。ゲーム2回で故障し、人手に渡った)も実銃の8割くらいの大きさでしたが、今回は実銃の半分くらいの大きさみたいです。

Dsc00362
 取り敢えず出して、ダットサイトやサプレッサー等のアクセサリーを付けてみました。若干銃口が上向きなのは、少ないパワーで少しでも射程を延ばそうと言う中国工場の人の親心なんでしょう。微妙な上がり勾配に匠の技を感じます。
 ちなみに、予備マガジン付きです。735円の癖に生意気なw

Dsc00365
 ダットサイト付き。735円の癖に(ry

Dsc00364
 まぁ、中身は当然ドンガラですが。

Dsc00366
 ストック、伸縮しません。
 セレクター、動きません。
 ……でもまぁ、735円のてっぽーとしては面白いです。

 ひとしきり堪能したところで実射。マガジンにはBB弾が10発程入り、写真真ん中辺りのコッキングレバーを引いてコッキングし、一発づつ発射します。一応コッキングレバーの強度には気を使っているらしく、金属が使われていますが、引く度に甲高い音を立てて軋むので、気が気じゃありませんw

 初速を簡易弾速計で計ってみたのですが、測定不能でした。遅すぎる……?

・オマケ
Dsc00360
Dsc00359
 箱絵を見た時にはレーザー付きかな? とちょっとドキドキしたんですが、ちゃんと「レーザーサイト無し」の但し書きが書いてありました。 残念。
 ケースには右上に不自然な空間が有るので、或いは以前はレーザー付きで販売されていて、昨年の中華レーザー騒動で取り外したのかも知れません。

ウィンチェスター対決(M1873編)

 前回に引き続きウィンチェスター対決、今回はKTW社製ウィンチェスターM1873です。

Kyuudankou1876
 M1873はマルシンの1892と違い、 チューブマガジンを使用します。なので当然、給弾口はがっちり固定されていてピクリとも動きません。少し寂しいですね。

Mag1976
 マガジンは銃口の下に有り、

Mag1876_2
Mag1876_3
 この様にマガジンを外して給弾します。装弾数は37発とM1892を大きく引き離し、更に予備マガジンも付属しているのでかなり景気良く撃ちまくれます。ただまぁ、コッキングが重いのでその前に腕が攣ってしまいそうですが(^^;

 それにしてもこの予備マガジン、雑嚢に突っ込んでるといつかポロリと行きそうだなぁ。南北戦争風の六角形マガジンケースでも作るか……?

 ところで、スペンサーカービンが脱着式のチューブ弾倉で、六角形のマガジンケースを使用していたと言うのは良く聞くんですが、ウィンチェスターもそう言う機構が付いてたんでしょうか? 西部劇とかを見てるといつも機関部の装弾口から入れてるんで良く分かりません……御存じの方、いらっしゃったら御教示のほどお願い致します。

Hop1876
 従来KTWのM1873にはhopは付いていなかったのですが、再販版からはhop調節用の六角ネジが付きました。
 ネジの位置は銃口から一つ目のバンドの中で、調節の為にはマイナスドライバーでバンドを固定しているネジを完全に外してバンドをずらし、六角レンチでhop調節をしなければならず、非常に面倒くさいです。なので写真もこれだけです(ぉ

20080429234907
 最後に実射性能比較。
 マルシン1892は2.0弾で初速75m/s。hopの掛かりが良過ぎるのか、山なり弾道で明後日の方向にぽんぽん飛んで行きます。かと言ってhopを緩めると、今度は飛距離がガクンと落ち、有効射程は20m程度になってしまいます。
 操作音もかなり大きいし、サバゲでこれを使うのは、かなりなチャレンジャーだと思います。
 但し、ガスオペだけにレバーと引き金は非常に軽く、映画並の連射が可能なのは嬉しいです。戦果は気にせず、撃ちまくって来て下さい。

 逆にKTW1873初速85m/sをキープし、hopの掛かりも良く、弾道も素直で30mくらいでも狙った所にすーっと飛んで行きます。正に狙撃向きです。
 難点は、レバーアクションが非常に重い事。レバーを引く際には肩から外してストックをしっかり脇に挟んでから、力一杯引かなければならず、映画のように肩付したままレバーをがしゃこんがしゃこんと動かして連射する事は先ず不可能です。ターミネーターみたいに片手でくるくる回すなんて夢のまた夢ですw

***********************

結論……マルシン並にレバーが軽く、KTW並に装弾数があり、マルシンの木ストと重量感を維持しつつ、KTWの安定した弾道性能を備えたウィンチェスターが有れば電動にも負けないんだけどなぁ、と思ったんですが、単純に勝ちたいならPMC装備に電動AKを買えば済む話なんで、皆さん各々好きな方を選んで下さい。

 ウィンチェスター対決、完。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ