« No.9非電動戦レポ01 | トップページ | No.9非電動戦レポ番外編 FNG »

No.9非電動戦レポ02

 午後からは、数名の電動ガン射手が奥の赤フラッグ陣地に立て篭もり、残りの全員の攻撃を凌ぐ「ブラックホークダウン戦」が行われました。

Totugekitai
 意気盛んな攻撃隊。何だか妙な格好の人も居るが気にしない。

2008042123324178354100
 さぁ、開始の掛け声とともに出撃です。

Syubitai
Syubitai02
 それを待ち受ける守備軍は、赤フラッグ陣地に展開中。

KougekitaiKougekitai02
 攻撃ルートは山の尾根、中腹、下道の3本。下の道は進み易いが、陣地から丸見えで非常に進み難く、中腹は遮蔽物が少なく前進は困難。尾根からのルートが一番攻撃し易いのですが……開始五分後、攻撃軍の背後(青フラッグ)にヘリパイ救出の為の援軍が出現! 尾根の攻撃軍に襲い掛かる!!

Kyuusyututai
 M14を構え、気分はすっかりBHDのデルタな救援隊。弾倉をヘルメットで「コンコン」と叩く様も堂に入ってました。

Dead
 腹背に敵を受けて立ち往生するよりは、いっそ突撃して一気に敵陣を陥落させん! と奮起して抜刀突撃を敢行するも、ぶちょーさんのステアーの猛射撃の前に敢え無く戦死。哀れ、第七騎兵隊は全滅です。

□■□■□

 こんな感じでブラックホーク戦を三回行った後、今度は武器の変更、即ちチーム替えを行いました。結果、ハンドガン部隊は最大時18名の大所帯に……。
Handguns

 勿論、人数の多少くらいじゃ気にもしないのがt2cクオリティ。ショットガンチーム・ライフルチームも機動力に富んだハンドガンチームを倒すべく、腕が攣るほどに撃ちまくって来ます。特にライフルチームは午前中同様の面制圧戦術で他の2チームを苦しめます。射程の長いライフルの特性を生かした戦術です。

Lastgame
 そして4時を回った辺りで、ラストゲームとしてt2c名物「三発戦」が始まります。 たった三発しか無い弾丸で確実に相手を仕留めるべく、バリケードを利用しながら前進するハンドガンチームに、突如怪しい影が立ちふさがります。

「しゃっきーん、しゃっきーん、きゃあぁぁあぁぁぁぁぁ!」

 ……何やら背の高い一陣の風がチームのど真ん中を突っ切って行きました。以降、ライフルチームはハンドガンチームと踵を接する乱戦に。私も抜刀して突撃を行いましたが、銃剣に刺されて死亡しますた。

□■□■□

 そして、最後に記念撮影を行って本日のゲームは終了。参加者は家路に付きました。本日は大変お疲れ様でした。

 また、最後になりましたが、このような野心的な企画を実行した幹事・ペンギンgun-saw様及び、そのサポートに尽力された協力者の皆さんに、心からの感謝を捧げます。楽しいゲームにお誘い頂き、誠に有難う御座いました。

|

« No.9非電動戦レポ01 | トップページ | No.9非電動戦レポ番外編 FNG »

サバゲ(t2c)」カテゴリの記事

コメント

なすびにはやられたくねー

投稿: す | 2008年4月23日 (水) 21時28分

アア・・スナイパーチームとハンドガンチームは映像あるのに、せっかく所属したショットガンチーム映像が無い。
撮り忘れたべ。

投稿: はんちょ。 | 2008年4月23日 (水) 22時20分

>すがりさん
 確かにw トラウマになりそうですねー。

>はんちょさん
 私はショットガン自体持ってません。
 お陰でショットガンチームは0枚……他の人のレポートに期待しましょう。

投稿: へたれ独兵 | 2008年4月24日 (木) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511328/20485739

この記事へのトラックバック一覧です: No.9非電動戦レポ02:

« No.9非電動戦レポ01 | トップページ | No.9非電動戦レポ番外編 FNG »